ゼクシィ縁結びで成功するプロフィール作成のコツ徹底解説!

婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」出マッチング率の高いプロフィールの書き方のコツを徹底解説!ココを外していると、いくら頑張っても、なかなかマッチングしません!
MENU

ゼクシィ縁結びのプロフィールではココを押さえる!

ゼクシィ縁結びのプロフィールの書き方

ゼクシィ縁結びは結婚相手探しに特化したアプリだけに、プロフィールを作成するにも、恋活色の強いアプリの場合とはちょっと違うコツがあります。

 

ゼクシィ縁結びでいいねが来ない、マッチングしないという口コミも見かけますが、その原因の1つとして、プロフの書き方の方向性を間違えているケースも多いんですよね。

 

まず、検索結果一覧からプロフィール詳細画面に進んでもらうために、メイン写真が超重要であることは、全てのマッチングアプリの共通事項です。

 

特に縁結びでは自分が写真を掲載しないと、相手の写真も見えないようになっているので、相手探しの際にも支障が・・・。次の記事を参考に、メイン写真を真っ先に設定して下さい。

 

恋活アプリで好感度の高い写真のポイント

恋活アプリや婚活アプリのプロフィール写真については、知り合いにバレたらイヤだから載せたくない、顔を出すのは恥ずかしい...続きを読む

Facebookマッチングアプリでは写真は必須!

 

というわけで、この記事では写真以外のプロフィール作成、自己紹介・基本情報の書き方を取り上げて解説します。

 

プロフィール作成3つの基本方針

最初に全体を通じての基本方針として、次の3つを挙げておきます。

 

  1. できるかぎり正直に書く
  2. 明るく前向き、安心誠実なイメージを
  3. 結婚に対して真剣な姿勢をアピール

 

どれも婚活アプリとして当たり前のことかもしれませんが、実際は意外とこの基本方針を外しているプロフィールが多かったりします。

 

1については、例えば年収や職業で大嘘ついて途中までうまく行っても、付き合っている課程で大概バレます。

 

バレた時、身長を5cm盛ったぐらいなら笑って許されても、生活レベルが全くところまで年収を盛っていたら、普通怒られます。関係もこじれる可能性大。

 

それなら、正直に書いたプロフィールを受け入れてくれる相手を見つけた方が良いですね。

 

2については暗くて後ろ向き、信頼できない、軽薄といったマイナスの印象につながる情報や言葉を書いてしまっているケースがあります。

 

大嘘を書くのはNGですが、聞かれてもないのに、あえて自分から不利な情報をさらす必要もありません。

 

例えば「全然出会いがなくて寂しい」といった愚痴っぽいことを書く男性は、女性から不評です。みんな出会いがないから参加しているわけですし(^_^;)

 

限られたスペースですから、自分のプラスイメージにつながる情報や言葉だけを発信することを心がけるべし。それは別に嘘をついていることにはなりません。

 

3では恋活アプリと同じように「じっくり交際して将来的には結婚も視野に」的なニュアンスを出してしまっているケースがあります。

 

でも、ゼクシィ縁結びのメインユーザーは、できれば1年以内、長くてもせいぜい2年以内には結婚したいと考えている男女です。プロフでも、それぐらいの姿勢を見せないと、なかなかマッチングしません。

 

これら3つを踏まえた上で、ここからは実際の項目に沿って、書き方や選択肢の選び方のコツを解説をしていきます。

個性を発揮する自己紹介の書き方

後に解説する「基本情報」は選択方式なので、個性を発揮するにも限界があります。嘘をつかない限り、年齢とか年収とか、自分のスペックって決まっちゃってますからね。

 

この自己紹介こそ、書き方次第で最も個性や魅力をアピールできるコーナーなんです。

300〜400文字以上を目安に!

ゼクシィ縁結びの「自己紹介入力のヒント」には「推奨文字数は250文字」とあります。でも、僕的にはちょっと少ないかなと。

 

公式が推奨していることなんで、もしかすると、250文字ぐらいが最もマッチングしやすいというデータがあるのかもしれません。

 

ただ、ゼクシィ縁結び以外のマッチングアプリの多くは、会員のデータを元に300文字以上(withの場合)〜400文字以上(Omiaiの場合)を推奨しているんですよね。

 

僕もやっぱり最低300文字以上できれば400文字以上のボリュームがあると、読む側も熱意を感じるし、書く側もアピールしやすい気がしてます。

出だしからの50文字を大切に!

ゼクシィ縁結びの検索結果一覧には、自己紹介の出だしから約50文字が表示されます。ココを意識して書くことはスゴく重要です。

 

ゼクシィ縁結びの検索一覧の自己紹介表示

 

例えば、恋活アプリPairsのように検索結果一覧に表示される「つぶやき」を自己紹介とは別に設定できるシステムなら、いいんですが・・・

 

ペアーズのつぶやき設定

 

ゼクシィ縁結びの場合は自己紹介が反映される仕組みなんです。

 

更に、挨拶の後に改行を入れてしまうと、検索結果一覧には表示されないため、実際「はじめまして!プロフィールを見ていただきありがとうございます」的な挨拶だけが表示されている人がホント多い。

 

これだけで30文字。もったいないです。

 

加えて、年齢や居住地も別で表示されていて、誰もが必ず見る情報なので、自己紹介の出だしにあえて書く必要はありませぬ。

 

挨拶は「はじめまして!」だけでOK。あとは自分の素性やアピールポイントをすぐに書き始めるべし!

 

特に婚活アプリなので、どのエリアでどんな仕事をしているかを書くと、パッと見た瞬間に安心感があってオススメですよ。

例文の活用はアリですが2点注意!

そもそもゼロから文章を組み立てるのって面倒なので、例文の活用自体は全然アリ。

 

ただし、大切なのは自分ならではの情報をしっかり入れること、そして単語を当てはめただけではなく、自分なりの言葉に手直しすることの2つです。

 

特に趣味・仕事・結婚観は婚活アプリのプロフィールのトピックとしては鉄板ですが、コレをできるだけ具体的に書くことが大事。

 

趣味は映画鑑賞、ドライブ、カラオケです・・・なんて羅列するだけじゃ、後の趣味欄で選択肢を選ぶのと何ら変わりませんよね。

 

自由に書けるのが自己紹介のメリット。映画ならどんなジャンルが好きとか、月何本観るとか、ドライブなら海に行くのが好きとか、とにかくオリジナルの情報を具体的にしっかり盛り込むべし。

 

あと、何人ものプロフィールを読んでいると、公式が用意さいた例文に当てはめただけの文章はすぐ分かります。

 

最後の仕上げとして、文章の順番を変える、言葉を置き換えるなどして、必ず自分なりの文になるよう手直しして下さい。

基本情報で特に気をつけるべき項目

選択方式で埋めていくだけの簡単作業なので、特に気をつけた方がいい項目だけ取り上げて解説します。基本方針通り、できるだけ正直にですね。

年収・職業・学歴について

マッチングアプリのプロフィールの年収って、社会全体の実像よりも少し高めなんですよね。

 

これ、マッチングアプリに登録している人達が高収入・・・なんてことはあるわけなくて、チョイ盛りしている人が結構いるんですよ、実際。

 

特に婚活アプリなので、ココに注目する女性も多いですからね。僕ら男もちょっと見栄を張ってしまうわけです。

 

基本的には正直に書いた方がいいんですが、例えば年収380万の人なら「200万〜400万」じゃなく「400万〜600万」にチョイ盛りはアリなんじゃないかと。

 

あと20万円は頑張って働いてボーナスでアップさせるべーし!(^_^;)

 

ただ、それを800万〜1000万に設定しちゃったりする、生活レベルが明らかに違う大嘘はNG。どのみち付き合っているうちにバレて、たぶんそれからウマく行かなくなります。

 

また、縁結びには収入証明と卒業証明を任意で提出する仕組みがありますが、高収入・高学歴の人は提出しておけばかなり有利。このようにチョイ盛りしている男子が一定数いる中にあって、説得力が断然違います。

 

逆に僕のように収入も学歴もアピールにならないなら、あえて証明書を出す必要はないし、それでもちゃんとマッチングするのでご安心を。

恋愛観・結婚観について

「結婚の時期」は「1〜2年以内」が最も多数派に響くと思います。

 

ゼクシィ縁結びで全然マッチングしないという人の場合、ココを「2〜3年以内」や「じっくり付き合ってから」にしているケースも多いんですよね。

 

でも、縁結びのメインはガチな婚活ユーザーです。もし将来的には結婚も検討といった緩やかな意識なら、Pairs(ペアーズ)もしくはOmiai(オミアイ)の方が向いてますよ。

 

ただ「すぐにでも結婚したい」は本当にそう思っていても、男性にとっても女性にとっても、ちょっと重いと感じる人が多いかと。

 

おすすめはやっぱり1〜2年以内が一押し、次に1年以内ですね。あとは実際お付き合いすれば、2人の盛り上がり次第で半年後に結婚だってありえるわけで、人生必ずしもシナリオ通りには動きませんからね。

 

「出会うまでの希望」では「まず会いたい」は選ばないこと。ヤリモクと思われます。

 

逆に「じっくり考えてから」というのも、どうも都合よく保険をかけているような印象。ここは「メッセージ交換してから」一択ですね。

 

「初回デート費用」は男子は基本的に「全て払う」にしておくのがベストでしょう。どうしても厳しい場合は「多めに払う」もアリですが、「割り勘」や「相手と相談」はやめるべし。

 

結婚相手探しなので経済面も重視する女性がほとんどですから、せめて初回デートは頑張るべし!別に超高級ディナーに行くわけじゃないですからね。

 

「パートナー選びで重視する点」で「年齢・写真の印象」を選ぶのはやめた方が無難です。中身重視をアピールするべし。

趣味について

趣味はゼクシィ縁結びが用意した全30コの中から複数選択できます。

 

ゼクシィ縁結びの趣味選択画面

 

多く選び過ぎると多趣味な人という好意的な印象より、広く浅くな人?といった印象が強くなります。焦点もぼやけて、本当に好きなのは何?ってなります。

 

特に好きなものを5コ程度選んでおけばいいと思います。

 

また、前半に書いたように、趣味の具体的な中身は自己紹介コーナーでちゃんとアピールしておきたいですね。

 

総括

特にゼクシィ縁結びのメインユーザーは1〜2年以内に結婚したい男女だということを意識したプロフィール作りが重要です。また、信頼性・安心感・誠実がキーワード。最初にしっかりと作り込めば、婚活が楽になりますよ。

 
このページの先頭へ