pairs(ペアーズ)とOmiai(オミアイ)どっちがいいの?ガチ比較

Facebook恋活アプリの人気ツートップpairs(ペアーズ)とOmiai(オミアイ)。でも、一体どちらがいいのでしょうか?ガチで比較しました!
MENU

pairsとOmiaiガチ比較!

ペアーズにするか…オミアイにするか…

Facebook恋活婚活アプリの人気ツートップと言えばpairs(ペアーズ)とOmiai(オミアイ)。実際にいくつかのマッチングアプリを試した経験のある方なら異論のないところだと思います。

 

ただ、ともに定額制課金だけに「両方使うのはちょっと厳しいよ」という方も多いはず。

 

そこでココではFacebookで出会い探しを始める時に多くの方が思う「結局、ペアーズとOmiaiのどっちがいいんじゃい!」という疑問について考えます。

 

まず、この2つ、基本的な仕組みはほぼ一緒。でもユーザー層は少し違います。特に2014年にOmiaiが女性有料化(※10代20代女性は無料キャンペーン継続中)に踏み切ってからは、違いがよりハッキリした気がします。

 

※追記…2018年2月からOmiaiもペアーズと同じく、全ての女性を無料化しました。もともと10代20代は無料だったので増えるか微妙ですが、30代以降の女性の数は今後間違いなく増えるはず。ユーザー層も似てくるかもしれませんね。

 

で、先に僕の結論から言うと、ともに真面目な恋人探しのサービスでも、リーズナブルな料金で少し気楽な恋活モード(重くないお付き合いからのイメージ)ならペアーズもっとお金をかけても、より真剣な恋活モード(ある程度将来を見据えてのイメージ)ならOmiaiです。

 

でも、もし迷うようなら料金が圧倒的に安いペアーズがオススメですね(※気になる出会いやすさについては料金比較のところで解説します!)。

pairsとOmiaiの違いを詳しく解説!

ペアーズ Omiai

運営

(株)エウレカ

(株)ネットマーケティング

会員

累計700万人

累計250万人

 

では、ペアーズとOmiaiの違いをもう少し突っ込んで解説していきます。

 

細かい機能の違いはともに追加や廃止を繰り返しているし、出会いを決定づける要素でもないので、持ち出すとかえって分かりにくくなるかと。そこで特に出会いの質とコストに影響する要素にスポットを当てて比較します。

 

登録条件と審査内容比較!

登録条件や審査内容も違うんです

Omiaiに登録するにはFacebookアカウントが必要ですが、ペアーズは2017/11からFacebookアカウントを持っていない方も電話番号で登録できるようになりました。FBをやっていないために参加できなかった方には朗報ですね。

 

また、これに伴って今までペアーズの年齢確認では身分証の生年月日・証明書の名称・証明書の発行者の3つの情報さえ見えれば氏名・住所・顔写真は隠してOKでしたが、現在はOmiaiと同じく全ての情報開示が必須になりました。

 

本人確認の強化は会員の質の向上につながるので、僕的にこれは大歓迎。

 

ただ、ペアーズはブラウザ版限定でクレジットカードでの年齢確認もできますが(※アプリ版のApple ID決済かGoogle Play決済を利用する場合は身分証での確認が必須)、Omiaiは対応してません。

 

ともに個人情報悪用の心配など一切ない信頼できるサービスですが、どうしても身分証の全開示に抵抗ある方はペアーズを選択してクレジットカード認証を利用するべし。

料金と出会いやすさ比較!

両方ともマッチングが成立して最初のメッセージを送るところまでは無料会員で行けます。で、有料会員になるとメッセのやり取りが無制限にできる仕組み。

 

ともに過去から時々料金の見直しをしていて、ネットには古い情報も残っているので注意ですが、2018年4月時点の1カ月当たりの料金を比較すると、ペアーズの方が圧倒的にリーズナブルです(※クレジットカード決済料金を記載)。

 

プラン

ペアーズ

Omiai

1カ月

3980円

3980円

3カ月

2480円

3880円

6カ月

1880円

3780円

12カ月

1380円

2780円

VIPプラン

+1000円〜+2980円

+3980円

※VIPプランとは有料会員の料金にプラスで課金すると、より有利に活動できるプラン。ペアーズの「プレミアムオプション」には複数月契約の割引があります。Omiaiの「プレミアムパック」は1ヶ月更新のみ。

 

ペアーズとオミアイの料金って結構違うね

特に「恋活成功率No1」とうたわれている6カ月プランでは1カ月当たり1,900円(6カ月計で11,400円)もの差が…。後で解説するように正直、出会いやすさに大きな差は感じないので、そんな点ではペアーズの圧勝ですね。

 

更にペアーズなら、その浮いた分の資金をVIPプランに投資して、ライバル達より有利に活動する作戦も選択できますね(※例えばプレミアムオプション6ヶ月プランなら1,980円/月)。

 

毎月付与される「いいね!」の数は、ともに30で一緒。ただ、いいね消費数はペアーズの場合、全ての相手に対して1ですが、Omiaiの場合は相手の人気度によって1〜10まで変わります。

 

コレ、Omiaiでは特定の会員への人気集中が防止されて、マッチング率が平均化する効果があるものの、一方で人気会員ばかり狙うと、ペアーズよりもいいね消費が遙かに速いデメリットにもなりえます。

 

どちらが出会いやすいかの議論

どっちが本当なんじゃろ…

よく「Omiaiの方が出会いやすいべ!いやいやペアーズの方だべよ!」という議論を見かけますが、両方使い込んでみた僕の経験上では、これって正に個々人の持つ戦闘力(魅力)と戦略次第だと思ってます。

 

要は平均化がメリットになる人もいれば、デメリットになる人もいるわけ。だって結局、マッチング率が上がる人と下がる人がいるからこそ、全体として平均化するわけですからね。

 

そんな点では、Omiaiの方が自分の戦闘力と消費いいね!数を天秤にかけながらアプローチすることが肝になるため、より戦略性が必要とされるシステムだと感じます。

 

あとは利用エリア(居住地)によっても状況は違います。人口が多い都市部では、ともに充分な会員数がいるので気にする必要ないのですが、人口の少ない地方だと、アクティブな女性ユーザー数でペアーズの方が圧倒的に多い=選択肢が多いケースが多々あります。

 

こんな要素もあり、出会いやすさって口コミを調べても人によってエラい違うんですよね。僕自身と友人(←野郎)の実績ではペアーズに軍配なんですが、全体としてはほぼ互角、個々の相性+利用エリアによって変わると考えていいと思います。

ユーザー層を比較!

ペアーズとオミアイのユーザー層

料金の差はユーザーの年齢層に影響を与えています。相対的に見ると、ペアーズの男性ユーザーは20代〜30代前半がやや厚め、Omiaiの方はより経済力のある30代以降がやや厚めな傾向があるんですね。

 

また、Omiaiは「お見合い」というサービス名のイメージに加えて、30歳以上の女性有料の影響もあり(※2018/2〜全女性無料化)、ペアーズに比べると、より真剣なお付き合いを期待して活動している女性が多い傾向もあります。

 

ですから、どちらも従来の出会い系と違って真面目な出会いに向いたサービスなんですが、そこまで重くない付き合いから始めたい方はペアーズ、最初からある程度将来も見据えたパートナーを探したい方ならOmiaiと言えるわけです。

どちらが美人?イケメン?

イケメン!…のつもり

ココを比較している情報も見かけますが、はっきり言って大差ないかと。どちらにも男から見てかわいい子もいれば、好みに合わない子もいるわけで、それこそが自然な状態ですね。逆に女性から男性を見た場合だって一緒です。

 

また、美女がゴロゴロいるかのように書かれている情報も見かけますが、あまりにも激カワな写真の女性は業者の可能性もあるので注意したいものです(→詳しくはFacebook恋活アプリの業者事情参照下さい)。

PairsとOmiai比較まとめ

pairsとOmiai比較まとめ僕的には圧倒的に低コストで、より肩の力を抜いて恋人を探せるペアーズがオススメですが、より婚活意識が強いならOmiaiの選択もありという感じでしょうか。と言っても結局は両方とも無料会員で検索できるし、いいねも送れるので、どちらが自分に合いそうか実際に体感してみるのが一番なんですけどね。

 

また、特に女性はペアーズ、Omiai両方無料なので掛け持ちのハードルは低いし、実際かぶっている利用者も多かったりします。男性ももし懐に余裕があるなら、併用するとチャンスは広がって、出会いまでのスピード感は一気にアップしますよ。

 

最後に、これらマッチングアプリ2強の特徴を表にまとめておきます。

比較項目

ペアーズ

Omiai

恋活モード

真剣

より真剣

料金

安い

高い

男性年齢層

やや低め

やや高め

このページの先頭へ