ペアーズやOmiaiの年齢確認・本人確認って安全なの?

ペアーズやOmiaiをはじめ、日本の恋活婚活マッチングアプリでメッセージ機能を使うためには必ず年齢確認/本人確認が必要。でも、個人情報を提出しても本当に危険はないのか不安ですよね。年齢確認が必要な理由・やり方・安全性について徹底解説します!
MENU

ペアーズやOmiaiの年齢確認に関する疑問・不安を解消

更新日:2021/05/21

2021年5月、Omiaiで会員171万人分の個人情報(年齢確認で提出した公的身分証の画像データ)が流出するという、あってはならない事件が発覚しました。

 

改善策が明示され安心して利用できるようになるまで、当サイトではOmiaiの利用は推奨しません。

Facebook恋活アプリの年齢認証って安全?

ペアーズやOmiaiはじめ、日本の法律を遵守した全ての恋活婚活マッチングアプリは、男女ともに年齢確認(18歳以上であることの審査)を済ませないとメッセージ機能を利用できない仕組み。

 

年齢確認前にいいね!を送ることはできますが、マッチングしてもメッセージの閲覧と送信に制限がかかっているため、やり取りはできません(※正確にはマッチング後の初回1通送信は可能)。

 

実際出会うためには必ず必要な審査なんですね。

 

ただ、ペアーズとOmiaiの年齢確認では、運転免許証やパスポートなど、身分証(公的証明書)の全体画像の提出が必須です。

 

なんて聞くと、初めてマッチングアプリを利用する人は「大切な個人情報を悪用されるんじゃね?本当に安全なの?」「手続きが面倒なんじゃね?」といった不安を感じるはず。

吹き出し9

ご安心下さい。この記事ではペアーズやOmiaiで年齢確認が必要な理由と確認書類の提出方法について解説します。

また、日本のマッチングアプリは基本、ペアーズやOmiaiに追随した取り組みをしているので、他サービスをご利用の方も参考になると思います。

 

年齢確認が絶対に必要な理由とは?

児童の利用禁止!

なぜペアーズやOmiaiで年齢確認が必要かと言えば、18歳未満の児童の利用を防止するためです。

 

そもそも年齢確認って、全てのインターネット異性紹介事業(恋活婚活マッチングアプリ・出会い系アプリ)に対して、出会い系サイト規制法という法律で課せられている義務なんです。

 

つまり、本来は年齢確認をやるorやらないを議論する余地はないってことです。運営会社の義務ですから。

 

それに中高生が自由に利用できてしまうマッチングサービスなんて、僕ら大人だって安心できません。ヘタすると自分が犯罪者になりうるリスクもあるわけで…。

吹き出し6

相手が本当に18歳以上なのか、いちいち疑ってかからなきゃいけないマッチングアプリなんてマジ勘弁っす!

やっぱり心置きなく恋活・婚活に集中するためにも、年齢確認は絶対に必要な審査なんです。

 

また、優良マッチングアプリは悪徳業者(ネットワークビジネス業者・他サイトへの誘導業者等)の排除に尽力していますが、年齢確認は、そんな不正ユーザーの侵入を抑制する効果もあります。

 

業者にとってみれば、何の審査もないサービスの方が都合いいに決まってます。複数アカウントを作って、好き放題できますから。

 

後に解説するように、ペアーズもOmiaiも単に18歳以上かを審査するだけの「出会い系方式」ではなく、証明書類の全体画像を提出する「本人確認方式」。身分証の使い回しができないので、より業者が利用しにくい体制がありますよ。

年齢確認がないサービスの方が危険!

今、AppleやGoogleのアプリストアには、異性との出会いをうたいつつも年齢確認のないアプリがゴロゴロあるので注意です。

 

アレは本来、異性との交際目的の活動が禁止された法的にグレーな脱法アプリです。「ありがてー」なんて思ったら大間違い…。

吹き出し1

年齢確認がなければ児童が簡単に参加できてしまうし、業者も大量に紛れ込みます。いらぬトラブルに遭遇するリスクが大きいですよ。

ま、そもそもが正当な審査をやらずに法律をすり抜けているぐらいですから、最初からサクラしかいない、物理的に出会えない詐欺出会い系アプリというのがお約束ですけどね。

 

「年齢確認は危険、怖い」という口コミをネットで見かけることがあるんですが、むしろ年齢確認がないマッチングサービスこそが危険なんです。

個人情報を悪用される心配がない理由

ただ、提出した証明書類の個人情報が悪用されないのか、どのように取り扱われるのか不安に感じるのは当然だと思います。

 

まず、ペアーズもOmiaiも公式サイトの中で「提出された証明書の画像は年齢確認以外では一切利用しない」とうたっています。

 

またペアーズの公式サイトには「預かった個人情報は退会後、一定期間保管した後に削除している」と記載されていますね。

 

ペアーズの個人情報の取り扱い

 

といっても、どんな悪徳出会い系サイトだって自ら「うちは個人情報を悪用しますぜ」なんて言うわけありません。「悪用しません」と言うに決まってます。

吹き出し5

その点もご安心下さい。ペアーズもOmiaiも第三者機関により、個人情報を適切に取り扱っている事業者として認証されています。

ともに公式サイトに次のようなTRUSTe(トラストイー)マークを掲載していますね。

 

OmiaiのTRUSTe認証マーク

 

TRUSTe(トラストイー)とは、一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC)が運用する保護シールプログラム。

 

OECD (経済協力開発機構)プライバシーガイドラインに基づき、個人情報を適切に取り扱っているか厳しく審査しています。

 

TRUSTeマークは、この審査をクリアした事業者だけが掲載できる信頼のマークなんです。

吹き出し2

僕自身もペアーズとOmiaiで年齢確認を済ませていますが、迷惑メールや迷惑電話が来るようになったなんていうトラブルは一切ありません。

年齢確認・本人確認のやり方を解説

マッチングサービスの年齢確認にはペアーズやOmiaiなどの恋活婚活マッチングアプリが実施している「本人確認方式」と、ハッピーメールなどのポイント制出会い系アプリが実施している「出会い系方式」があります。

 

その違いはざっくりと次の通り。

  • 本人確認方式…証明書の全体画像を提出。一部でも情報を隠していると審査を通らない。クレジットカードでの確認はできない。
  • 出会い系方式…証明書の名称・発行元・生年月日(年齢)の3ヵ所さえ見えれば、氏名・写真・住所などの情報は隠しても審査を通る。クレジットカードでの確認も可能。

当然、より審査が厳しい=会員の信頼性が高くなるのは、身分証の使い回しができない「本人確認方式」の方ですね。

 

一方、下のように3ヵ所だけ見えればOKな「出会い系方式」では、簡単に他人の身分証を使い回しできてしまいます。

 

ペアーズの年齢確認に必要なのは…

 

また、クレジットカードは18歳以上なのは分かっても、生年月日までは分かりません。

 

クレジットカードでの年齢確認を認めると、プロフィールに登録した生年月日と実際の生年月日の整合性を審査できないため、簡単に年齢詐称できてしまいます。

 

昔は恋活婚活マッチングアプリも「出会い系方式」だったんですが、Omiaiが早々に「本人確認方式」を採用。

 

2021年現在はペアーズwithタップルなど、ほとんどの人気マッチングアプリが「本人確認方式」に変わりました。クレジットカードでの年齢確認もできなくなっています。

 

恋活婚活アプリでは本人確認がトレンド

 

マッチングアプリに業者が少なく、ポイント制出会い系アプリに業者が多いのは、これが一番の理由かと。

 

「ペアーズやOmiaiの年齢確認は身分証の情報を隠せないから不安」という声もありますが、既に解説した通り、悪用される心配はないので大丈夫ですよ。

 

それに出会い系アプリに比べて利用者の信頼性が圧倒的に高い点が何よりのメリットですね。

ペアーズとOmiaiの年齢確認の手順

年齢確認のやり方自体は公式サイトの指示通りに進むだけで何も難しくないので、ポイントと注意点だけに絞って簡潔に解説します。

 

1.年齢確認に有効な書類を用意

年齢確認に有効な書類は官公庁が発行した「公的証明書」です。

  1. 運転免許証
  2. 日本のパスポート
  3. 健康保険証
  4. マイナンバーカード(顔写真があるもの)

Omiaiの場合はこの4つのいずれかだけですが、ペアーズの場合はもう少し緩く、海外のパスポート(署名欄の確認あり)・住民基本台帳カード・在留カードなどの公的証明書も有効です(詳細は公式サイトのヘルプページ参照)。

 

ちなみにマイナンバーカードはOKでも、マイナンバーの通知カードはNG。通知カードは総務省から年齢確認手続きに利用することを禁止されているそう。間違えやすいので注意ですね。

 

また、解説済みの通りペアーズやOmiaiが個人情報を悪用する心配はありませんが、どうしても顔写真を出したくない方は健康保険証を提出するといいですよ。

 

2.書類の画像を認証画面にアップ

あとは、スマホで証明書の全体を撮影(既に画像がある場合はスマホのライブラリーから選択)して、認証画面にアップすれば申請完了。指示通りに進むだけなので、難しい点は一切ありません。

 

3.運営の審査完了を待つ

提出した書類は運営が目視で審査します。通常は画像をアップしてから10分〜1時間程度で認証されます。

 

ただ、提出時間(深夜など)や混雑状況によっては長引くこともあり、いずれのサービスも24時間以内とうたっていますね。

 

年齢確認完了後は、男性は有料会員になるとメッセージ機能を使えるようになります。女性はすぐに(無料会員で)メッセージ機能を使えるようになります。

 

また、Omiaiの場合は自分のプロフに「認証済み」バッジが表示されます。真剣に活動している人と認識され、マッチングしやすくなりますよ。このシステムは自分が相手を探す時も便利だし、ペアーズにも導入してほしいなと。

 

Omiaiの認証済みバッジ表示

年齢確認が否認された?5つの原因

吹き出し7

時々、ペアーズやOmiaiで年齢確認できない、書類を提出したのに否認されたという口コミを見かけます。

僕個人的には、そのような経験がないのですが、否認されるのは次の6つのいずれかに当てはまっている可能性が高いです…。

  1. 証明書の情報の一部が隠れている
  2. 証明書の一部が画像に収まっていない、見切れている
  3. 提出した画像が不鮮明で文字や数字が読み取れない
  4. 身分証明書の有効期限が切れている
  5. 認められていない証明書を提出した(マイナンバーの通知カード・学生証・社員証など)
  6. アプリに登録したプロフィール情報と提出した証明書の内容が違う(生年月日など)

万が一、年齢確認できない時は問題点を修正して再提出して下さい。どうしても原因が分からない場合は、サポートに問い合わせれば教えてくれるはずです。

 

 

総括

ペアーズやOmiaiの年齢確認に不安を感じるかもしれませんが、悪用の心配はないし、この審査のおかげで安全に出会える環境が保たれているんです。むしろ年齢確認がないサービスの方が危険ですよ。児童や業者が簡単に紛れ込めますから。

 

また、当サイトおすすめのマッチングアプリについては、全て僕自身も年齢確認を済ませています。それが原因で迷惑メール・迷惑電話の類が来るようになった経験は一度もないことも付け加えておきます。

 

Omiaiに無料登録 Pairsに無料登録

このページの先頭へ