恋活アプリでメールが途切れてしまったらどうする?その対処法

恋活アプリや婚活アプリでマッチングした相手とのメールが途切れてしまった時の対処法とは?
MENU

恋活アプリでメールが途切れた時のリカバリー策

メールが途切れた時の対処法

Facebook恋活アプリでは、マッチングしてからが本当の勝負。メッセージ交換を始めたのはいいけれど、こちらの送信を最後に相手からの返信が途切れてしまうこともあります。丸1日経っても音沙汰なし…。

 

男女の仲ですから、当然こんなこともあります。

 

相手もメールしながら、本当に気が合う人か、会っても大丈夫な人かを見極めているわけで、必ずしも気に入ってもらえるとは限りません。仕事などで、どうしても手が離せない場面だってありえますし。

 

ただ実際問題、朝から晩までメール1通さえも送る時間がないなんて普通ありません。興味のある人には、忙しい中でも何かしらメッセします。返信しない真意は相手に聞いてみないと分からない面もありますが、結局は…

 

  • 会わなくてもいいと思った
  • 他に良さげな人があらわれた
  • 返すのが面倒な質問がきた

 

こんなところが理由。要するに、相手にとって優先順位が低い状態に陥ったということです。

メールが途切れても慌てない!

返事来ないけどなんかあった?

こんな時、僕的にはサクッとあきらめるか、気長に待つかのどちらかが最善策だと思ってます。

 

Facebook恋活アプリには他にいくらでも候補がいるので、1人にしがみつく必要もないし、別に付き合ってるわけでもないし…。

 

でも、あきらめ切れずにリカバリーを狙う場合、すぐに「メールが来なくて寂しい…」「なんでメールくれないの?」「メール来ないけどなんかあった?」的な追いメールを送るのはNGです。

 

メールが途切れた理由は先程書いた通りです。そんな中でプレッシャーをかけるようなメッセを送れば、余計にウザいと思われるだけ。催促したらメールが返って来たなんてことは、普通ありません。

3日以上我慢してからの追いメール

我慢我慢

どうしてもリカバリーを狙うなら、最低でも3日以上は我慢するのがセオリーです。で、この間に相手からメールが来たら、また、今までと変わりなくやり取りすればOK。

 

その時に万が一相手が「ずっと忙しくて…」などと言い訳してきても、皮肉を言ったり責めたりしちゃいけません。我慢我慢!

 

むしろ思いやりの言葉をサラリとかけて、大人の余裕を見せつけるべし。その方が間違いなく、いい結果につながります。

 

でも、3日以上待ってもメールが来なかったら、ダメ元で追いメールを仕掛けてみるべし。この時の成功のコツはとにかく返事をしやすい軽い内容にすること。

 

おすすめは思わず反応してしまうような画像(かわいいペット、綺麗な景色、飯テロ画像など)を送ること。

 

相手が「かわいい!」「きれい」「おいしそー」「ずるいー」的な感想を一言でも返せる画像を厳選します。この時添えるメッセージは「ども!元気?」ぐらいの軽い挨拶と「●●に行ってきたよー」のように簡単な画像の説明。

 

何か粗相をして嫌われてしまった場合は別ですが、単純に優先順位が下がっただけなら、メールが返ってくる可能性があります。

 

もし返信があれば、ここもやっぱり何事もなかったかのような対応で余裕をぶちかましましょう。そんな器の大きさを見せることこそがイメージアップにつながり、大逆転劇を起こすのです。どうせダメ元!ぜひお試しあれ!

このページの先頭へ