マッチングアプリで実際に会うまでの期間はどれぐらい?目安はコレ!

恋活婚活マッチングアプリで知り合った相手と実際に会うまでにかかる期間はどれぐらいがベストなのか?マッチングから初デートまでの流れと平均的にかかる時間の目安について徹底解説!
MENU

マッチングから初デートまでにかかる時間の目安

更新日:2020/04/10

いつになったら会えるんじゃろ?

マッチングアプリで知り合った相手と実際会うまでの期間って、一般的にどれぐらいかかるものなんでしょうか?

 

初めて恋活アプリや婚活アプリを使う方はイメージしにくいと思います。僕もそうでした。特に男は女性をリードする立場だけに、目安を知っておきたい方が多いはず。

吹き出し9

おまかせ下さい。この記事ではマッチングアプリでマッチング成立から初デートまでにかかる期間の目安について分かりやすく解説します。

実際に会うまでの流れを簡単に確認

吹き出し4

最初にマッチングアプリで初デートにいたるまでの流れをものすごーく簡単に確認しておきますね。

  1. マッチングアプリに登録する
  2. プロフィールを作る
  3. 検索で好みの相手を探し「いいね」する
  4. 相手からも「いいね(ありがとう)」が返って来たらマッチング成立
  5. メッセージをやり取りしてお互い気が合えば会う約束をする
  6. 実際に会う=初デート

それでは、マッチング成立を知り合った時点と考えて、そこから初デートまでにかかる時間について解説していきます。

一般的には2週間程度が目安だが…

吹き出し2

先に結論を言ってしまうと、実際に会うまでの期間はマッチングしてから2週間程度。これを1つの目安にやり取りを進めるとよろしいかと。

ちなみにメンタリストDaiGo氏監修のマッチングアプリwithの公式サイトによれば、恋人ができた会員のマッチングから初デートまでにかかった日数はやはり「平均2週間以内」だそうな。

 

結局はデートに誘うタイミングによって期間は決まるので、僕の経験を元にマッチング後の基本タイムスケジュールを提示しておくと、だいたい次のような感じでしょうか。

  1. 3日〜1週間前後を目安にデートに誘う
  2. 日程調整とコミュニケーションの深耕
  3. 1週間〜2週間前後で実際に会う

ただし、リアルに言えば自分のスキル(メールの会話の盛り上げ方や信頼の高め方など)や魅力次第でもあるし、相手の女性の性格や気分・ノリ次第でもあるし、お互いの趣味や価値観を含めた相性次第でもあるし…。

吹き出し3

元も子もないことを言ってしまうと正解はありません。僕自身、最短記録ならマッチング後3日目に会った人もいるし、最長は1ヶ月半後ですし…。

利用するアプリによっても傾向は違う

また、一口にマッチングアプリと言っても、出会い系色の強いサービス、恋活色の強いサービス(彼女彼氏探し)、婚活色の強いサービス(結婚相手探し)によっても傾向が違うんですよね。

 

出会い系色の強いカジュアルなサービスなら会うまでの期間は平均的に短めだし、逆に婚活色の強いサービスなら長めになります。

吹き出し7

言い換えれば真剣度低め、平均年齢低めなサービスほど短く、真剣度高め、平均年齢高めなサービスほど長くなる傾向があるわけです。

特徴 アプリ 期間
出会い系色強い タップル誕生Tinder

短め

恋活色が強い PairsOmiaiwith

中間

婚活色が強い ゼクシィ縁結びユーブライド

長め

こんな風に、現実では様々な要素が絡むため、必ずしもカチッと型にハマるわけじゃないんです。

吹き出し8

ただ、どんな相手でも、どんなマッチングアプリでも共通して言えるのは、やはり1週間〜2週間前後に会う比較的短期の決着がオススメってこと。

この期間を大きくはずすと、デメリットが生じてきます。短すぎると会ってから良い関係を築きにくく、逆に長く引っ張り過ぎると今度は会える確率自体が激下がりするんですね。

会うまでの期間が短すぎるデメリット

まだイメージできない…

「短すぎる」とは、マッチングしてから5日以内にデートに持ち込むケースと定義します。いわゆる即アポ・即会いってやつですね。

 

このメリットはドキドキワクワク感がより大きいこと、そして何よりも男性にとっては楽チンなことでしょう。

 

一方で相手の情報が不足しているだけに、お互いに会ってからギャップが発生しやすく、信頼できる人か分からないのでリスクも高め。これが男女ともに共通する即会いのデメリットです。

 

女性側があまりに積極的でトントン拍子に話が進む時はネットワークビジネス業者の可能性もあるので注意。普通の女性はできるだけ危険を避けるべく、慎重に男を見極めて会います。

 

それに女性だって、即会いをOKするならヤリモク男子に騙されないよう注意ですよ。

 

もちろん会ってみたら真面目な相手で、意気投合してウマく行くケースもありえますが、一般的にはもう少しコミュニケーションを深めてから会った方が良い関係を築きやすいと思います。「急がば回れ」ですね。

会うまでの期間が長すぎるデメリット

どうしよう…

「長すぎる」とはマッチング後1ヶ月以上経ってから会うケースと定義します。

 

メリットはコミュニケーションを充分取ってから会うので、こんなハズじゃなかった!というギャップが小さくなること。更に会話のネタになる情報もお互い揃っているため、会ってから盛り上がりやすいメリットもあります。

 

でもダラダラ引っ張ってしまうと、そもそも会える確率自体が下がるのが致命的なデメリット。

 

女性側の会いたいタイミングを逃している可能性も大きいし、その間も女性には他のライバル男性からいいね!が届くので、横から奪われてしまうリスクも大きくなります。

 

途中で返信が途絶えてしまう悲しい事態を防ぐには、女性のテンションを落とさないための相当なスキルと工夫が必要ですよ。メッセージだけじゃなく、LINEの通話を駆使するのも1つかもしれませんね。

 

会いたい気持ちが、お互いジワジワ高まってくるケースもゼロじゃありませんが、基本的には「鉄は熱いうちに打て」なんです。

重要なのは女性のサインを見逃さないこと

ここまでマッチング成立から会うまでにかかる期間の目安を解説してきましたが、先にも書いた通り、結局はデートに誘うタイミングが重要。

吹き出し8

最大のコツは僕ら男が、女性の気持ちが上がってきたサインを見逃さずに誘うことなんです。

  • 女性側からの質問が増えてきた
  • 女性側からの返信が早くなってきた=メール頻度が上がってきた
  • 女性側にメールラリーを続けたそうな雰囲気を感じる
  • ●●食べたい、●●行きたいという発言があった

要は最初に期間ありきというよりも、こうしたサインを見逃さず的確に誘うと、結果的に初デートの日程がマッチング後1週間〜2週間前後に収まっているケースが多い感じですね。

初デートまでの最適な期間まとめ

 

総括

僕の経験上、やっぱりマッチング後1週間〜2週間前後が最もアポ成功率が高く、会ってからも良いお付き合いにつながりやすい、バランスが取れた期間かなと。ただし正解はないので、全ての相手を無理にこの型に当てはめる必要はありません。

 

慣れてくれば、やりとりの流れの中で女性のサインを察知して的確に誘うことができるようになってきますよ。

 

でも慣れるまでは、焦り過ぎてガツガツいったり、ダラダラ長引かせたりして返信が途絶えることのないよう、ある程度の目標を設定して誘った方が成功率高いかと。1つの目安として頭に置いておくと良いと思います。

 
このページの先頭へ