マッチングアプリで返信率の高い初回メッセージを書くコツと例文

恋活アプリや婚活アプリではマッチング成立直後の初回メッセージ(ファーストメッセージ)の書き方が特に大事!返信率の高いメッセージにするコツを総まとめ!
MENU

マッチングアプリの初回メッセージの書き方徹底解説

更新日:2022/03/24

ファーストメッセージたのむぅ〜

恋活婚活マッチングアプリで出会う課程の中で、マッチング成立までは序章に過ぎず、むしろ、その後のメール交換からが本番開始です。

 

特に初回メッセージ(ファーストメッセージ)はめちゃめちゃ大事。言うまでもなく、ここで返信がないことには何も始まりません。

 

でも、マッチングはするのに初回メッセージを送ると頻繁にスルーされてしまう…なんでなん?とお悩みの男性の口コミも見かけますね。

 

吹き出し9

大丈夫。この記事ではマッチングアプリで返信率の高い初回メッセージのポイントを分かりやすく解説しまっす!

初回メッセージに返信しないのはサクラ?

マッチング成立したのになぜスルー?

マッチング後に初回メッセージを送ったのに結局、返信が来なかった…。

 

なんでよ?写真とかプロフィールとか見てくれた上でマッチングしたんじゃねーの?

 

サクラじゃね?業者じゃね?

 

これはマッチングアプリで思い通りに出会えない男子が陥りがちな思考ですね。実際、次のような疑いの口コミも結構多かったりします。

 

 

確かに、世の中にはサクラや業者だらけの出会い系サイトも多いので、疑いたくなる気持ちも分かります。

 

でも、当サイトでおすすめしているのはサクラを一切使っていない、業者の紛れ込みも非常に少ない健全な恋活婚活マッチングアプリです。

 

サービス選びで大きな間違い(ユーザーと自分の年齢&利用目的がミスマッチ)がない限り、ちゃんと出会えます。

吹き出し3

それにサクラや業者なら、逆に返信率は本物の一般女性より遥かに高くなります。

サクラや業者はその気にさせて課金させたり、登録させたりするのが目的なので、サクラ・業者だらけの出会い系サイトほど食い付きが良く、返信率は高いんです。

 

反対に、真剣な出会い探しの一般女性が集まる優良マッチングアプリほど、ちゃんとした初回メッセージを送らないとスルーされるんです。次の女性の口コミを読むと、より理解できるはず。

 

「返事がないのが返事」

これがわかってない人は高確率で地雷ですよん。

「おーい」「サクラか?」
なんて追撃したら余計に返事くるわけないw

こういう人は最後に、こっちは真剣なのにーーの追撃をかまして自爆します。
相手も真剣だけど、あなたが切られただけです。ご愁傷様

— ここなつ|元マッチングアプリ運営者 (@ccnatu__) 2021年9月2日

 

返事がないのが返事…。ここを理解していないと、相手がサクラ・業者・冷やかしの類と思い込んだまま改善策に取り組まず、結局誰とも出会えず退会という流れになりかねません。

初回メッセージをスルーされてしまう原因は?

吹き出し8

とても大切なことなので、最初に恋活婚活マッチングアプリにおける男女の立場の違いから確認しておきます。

まず、出会えると評判の人気マッチングアプリであっても、会員の男女比率は男性7割前後がスタンダードです。

 

■人気マッチングアプリ男女比率(男性:女性)

Pairs with Omiai
69:31 66:34 70:30

男性の人数の方が圧倒的に多い環境なので、女性には沢山のいいね!が届きます。あとは、ありがとうを返せばマッチングですね。

 

そう、女性は男性に比べて遥かに簡単にマッチングできるんです。

吹き出し10

でも、ありがとうを返す段階では、男性1人1人のプロフィール詳細をじっくり精査してガチガチに絞り込む女性って意外と少ないです。

写真の印象が良かった、プロフをざっと見たら趣味などの共通点が多かった、自分の理想に対して最低限の基準(例えば年齢や年収)をクリアしていたなど…

 

何となく良さげ、何となく興味があるぐらいの感覚で、ひとまず、ありがとうを返す女性も多い。特に写真の影響力は一際大きいものがあります。僕ら男だってそうですよね。

 

こうして出会いのチャンスは広めに設定し、マッチングを成立させるわけです。あとは実際にやりとりしてみないと分からない面が多いですから。

吹き出し4

そしてマッチングした後に、初回メッセージとプロフィール詳細の内容で更に相手を絞り込むんです。

プロフィールの充実が大前提

まずはプロフィールが原因で返信が来ないパターンについて。

 

マッチ後にプロフ詳細をじっくり読んでみたら、実は理想と違っていた、イメージと違っていた…こうして他にマッチしているライバル男性に競い負け、スルーされてしまうことがあります。

吹き出し12

なので、プロフィールでしっかり自分の魅力をアピールできていることが、初回メッセージの返信率を上げる大前提になりますね。

プロフィール設定のコツについては、次の記事に詳しくまとめたので割愛します。

スルーされやすいNG初回メッセージ

次に、初回メッセージが原因で返信が来ないパターンについて。

吹き出し1

以下の5点のいずれかに当てはまるのは、スルーされる可能性が高いNGな初回メッセージと言えます。

  1. 不特定多数にばらまいているようなコピペメール/定型文っぽい
  2. マナーが悪い、軽薄で馴れ馴れしい(信用できなそう・ヤリモクっぽい)
  3. 気が合わなそう、話が合わなそう(共通点が見当たらない)
  4. どう返事を返せば良いか分からない(はじめまして!よろしくお願いします!だけで話題の提供がない)
  5. 届くのが遅い→他の男性からも初回メッセージが届くので後回しになりやすい

これらのNGを踏まえ、逆に返信率が高いのは以下の5つの条件を満たす初回メッセージです。

  1. 私のことをちゃんと見ていいね!してくれたと思われる
  2. マナーを知っていて誠実な人だと思われる
  3. 気が合いそう、話しやすそうと思われる
  4. 返信しやすいと思われる
  5. マッチングから時間を置かずに早く届く

吹き出し12

それでは、これら5つの条件を満たす初回メッセージにするコツを具体的に解説していきますよー。

初回メッセージに何を書くか?基本4項目

マッチング後の初回メッセージは、自分からいいね!した場合はもちろん、女性から先にいいね!をもらってありがとう!を返した場合も男性側から送って下さい。

 

前半で確認した通り、全ての恋活婚活マッチングアプリは女性が圧倒的に有利な男女バランス。

吹き出し8

そんな中で男性が消極的な受け身の体勢では、他のライバル達にサクッと持って行かれてしまいます。男らしく積極的にリードしてあげて下さい。

返信率の高い初回メッセージは、基本的に次の4項目で構成しておけばOKです。

1.まずは名前+挨拶+お礼から

最初に「〇〇さん、はじめまして。いいね(マッチ)ありがとうございます!」とお礼を一言。

 

必ず名前(ニックネーム)の呼びかけから始めるのがポイント。それだけでもコピペ感は小さくなります。

 

また、挨拶+お礼は最低限のマナーをわきまえている印象になり、ちょいプラスぐらいの効果はあります。こんな小さな積み上げも大切にしたいですね。

2.ごく簡単な自己紹介

「食品メーカーで営業をしている●●です」のように、ごく簡単な自己紹介をします。

 

詳しくはプロフィールの自己紹介文に任せればいいので、ココは職業やアピールポイントなどを一言で表現します。

3.どんなところに魅かれたか

ココが初回メッセージの肝になる最重要パーツです。

 

いいねしたのは、相手に何らかの魅力を感じたからですよね。そのいいね!した理由(どんなところが気になったのか)を書きます。

 

ただし!僕の経験上、本音は「かわいいから」「美人だから」だとしても、できれば外見以外の理由を書いた方が「ちゃんと私を見てくれている」と感じるのか、女性からの返信率は高い傾向があります。

 

特に相手のプロフィールから趣味・職業・出身地など、2人の共通点を見つけて、例えば「僕も広島出身なので」「うちもチワワを飼っていて」話が合いそうだと思い…的にアピールするのは鉄板!

 

共通点がある相手には親近感を持ちやすいですから。一発目で共感のきっかけを仕込んでおくと返信率も上がります。

 

ここは相手のプロフィールを読み込んで情報収集するのが肝。中でもサブ写真には、特にアピールしたい趣味やライフスタイルが現われているものです。重要なヒントが隠れていますよ。

 

また「いいね!した理由」と書きましたが、解説済みの通り、先にいいね!をもらって、ありがとうを返した場合も同様に、男性側から「どんなところが気になったのか」を書いて送るべし!

4.質問をする

質問されると返しやすいです♪

メッセージのやり取りは男性がリードするのが基本です。初回メッセージにも女性が返しやすい配慮をしてあげるべし!

 

最も簡単な方法は質問を仕込むこと。質問されると女性も返事に何を書いたらいいか迷わないし、何となく返さないと悪い気にもなります。

 

ただし、初めてのコンタクトですから、具体的にどこに住んでいるか迫る、恋愛経験を深掘りするなど、いきなり個人情報に突っ込み過ぎた質問はNG。

 

それは逆効果で、かえってスルーされます。あくまでも趣味についてなど、気軽に答えられる軽い話題を振るのがセオリー。

 

2通目以降のことを考えると、後の会話が広がりそうな話題を振るのが理想的ですね。既に解説した理由から、サブ写真について質問するのも効果的です。

初回メッセージはどんな言葉づかいで書くか?

いきなり馴れ馴れしくされても…

何を書くかも大事ですが、もう1つ、どんな言葉使いで書くかも大事です。

 

女性はマッチングアプリで知り合った人と会うことに、男性よりもずっと大きな不安を抱えています。その不安を取り除いてあげない限り、デートまで辿りつけません。

 

で、第一印象を作るのが初回メッセージですから、安心感のある丁寧な言葉づかいで書くのが絶対のセオリーです。

 

逆に、親近感を持ってもらおうと、いきなりタメ口の馴れ馴れしい文面にすると、女性は本能的に「ヤリモク?」と感じてガードを固めます。余計な不安・警戒芯を持たせてしまい、かえって遠回りになりますよ…。

 

黄金比は敬語7割タメ語3割?

丁寧と言っても、あまりにもガチガチにお堅い敬語の文章も他人行儀、つまらなそうな人というマイナスな印象を与えてしまいます。

 

好感度の高いメールの黄金比は敬語7割タメ語3割という説があるように「明るく丁寧で堅すぎない」を意識すると印象の良い文になるはずです。

絵文字の多用は絶対NG

巷のマッチングアプリ攻略サイトには、絵文字を使った方が返信率が上がるという情報もあれば、逆に下がるという情報もあり、どうすればいいのか迷っている男性も多いのではないでしょうか?

 

男性の絵文字使用に対する女性の意見も「あった方が良い」という声もあれば「絵文字ムリ」という声もありで、ホント賛否両論。年齢や性格によっても違うし、人それぞれという感じですね。

 

■アリ派女性の口コミ

■ナシ派女性の口コミ

 

また、絵文字アリ派でも、使う絵文字によってNGという口コミも多いので注意ですよ。

 

 

ただし、いずれにしても男の絵文字の多用・使い過ぎは絶対にNG。これはほぼ全ての女性に共通する意見です。

 

吹き出し7

で、僕の経験から言えば、男が初回メッセージに絵文字を使う必要性を全く感じないし、実際使いません。

絵文字があると返信率が爆上げする、ないと返信率が激下がるなんてことはないですから。

 

特に初回メッセージでは、相手の女性が絵文字アリ派かナシ派かまで読めません。

 

使うとしても2通目以降でOK。相手に合わせて、絵文字を多用する女性に対しては自分もたま〜に使う、ほとんど使わない女性に対してはこちらもほぼ使わないという感じです。

 

 

むしろ次の男性の口コミに同意。僕のように普段から使い慣れていないオサーンは無理に使う必要なし。使っても1つのメッセージには1〜2個。それで普通に出会えますから。

 

初回メッセージはどれぐらいの長さで書くか?

吹き出し0

いきなり長文の初回メッセージが送られてきたら、ほとんどの女性は引きます。重すぎですよ…。

それに、パッと見た瞬間に「読むの面倒くさっ、返すの面倒くさっ」となって、スルーされる可能性大。

 

一方で、簡単な挨拶&自己紹介と「よろしくお願いします!」という、あっさり初回メッセージもスルーされます。相手のことに全く触れていない時点で、定型文のコピペと思われても仕方ありませぬ。

 

僕的には、先程の4項目を簡潔に盛り込んで、70文字〜100文字程度で書くことをおすすめしてます。行数だと5〜7行ぐらいのイメージですね。

初回メッセージはマッチング後1時間以内

吹き出し2

これはメッセージの内容ではなく、送るタイミングも大事という話。

マッチングアプリwithの公式サイトには「マッチング後60分以内に初回メッセージを送ると、その後のトークが続きやすい」とあります。言いかえると、返信率も高いってことですね。

 

更に、タップルではマッチングから2時間を過ぎると、withでは3時間を過ぎると、返信率は急激に落ちるというデータも示されています(※下の画像はwith公式のもの)。

 

トーク開始はマッチングから3時間以内に

吹き出し12

まとめると、理想はマッチングから1時間以内、遅くとも3時間以内に初回メッセージを送るのがおすすめってことです。

しつこいようですが、女性は沢山の男性からいいね!をもらいます。

 

その中から、好みの男性、興味がある男性を選んでありがとうを返した(=マッチング成立)直後が、最もドキドキワクワク、テンションが高い状態です。

吹き出し1

でも時間が経つにつれ、女性のテンションは下がってしまいます。その間に他の複数の男性とマッチングしてやり取りが始まる可能性も高い。

そんな時に初回メッセージが来ても、何か逆転できるぐらいの魅力がない限り、通常は後回し、順番待ちになりやすい。ハードルが上がってしまうんです。

 

仕事の都合などで、どうしても時間が取れない時は仕方ないとして、相手の意識が高いうち、できるだけ早めに初回メッセージを送るのも返信率アップの大切なコツなのです。

このページの先頭へ