恋活アプリで好印象な初回メッセージを書くコツ

恋活アプリや婚活アプリではマッチング成立直後の初回メッセージ(ファーストメッセージ)の書き方が特に大事!返信率の高いメッセージにするコツを総まとめ!
MENU

恋活アプリの初回メッセージの書き方徹底解説

ファーストメッセージたのむぅ〜

恋活婚活アプリではマッチングが成立するまでよりも、むしろ成立した後のメール交換からが本番開始。特に初めて送るファーストメッセージはめちゃめちゃ大事です。

 

というのも、相手は自分とだけマッチングしているとは限りません。

 

男性比率の方が高いのは世の中全てのマッチングアプリの宿命ですから、女性には複数の男性からいいね!が届きます。毎日10以上のいいね!をもらうコだっています。

 

要は女性は何人もの男性とマッチングします。当然、初回メッセージが何通も届くので、その中から更に選別されるんです。

 

マッチングしても返信が来ない?なんで?

マッチング成立したのになぜスルー?

そのため、マッチングが成立してメッセージを送ったのに結局、返信が来なかったなんてこともあるわけ。

 

不特定多数にバラまいているようなコピペメッセージや印象の悪いメッセージはスルーされる可能性が高いってことですね。

 

これを防ぐには「私のことをよく見ていいね!してくれた」と思われる、「ちゃんとマナーを知っている誠実な人だ」と思われる、この2点を満たすメッセージにするのがコツです。具体的に解説しますね。

初回メッセージに何を書くか?基本4項目

返信率の高い初回メッセージは、基本的に次の4項目で構成しておけばOKです。

1.まずは名前+お礼から

「〇〇さん、いいね!ありがとうございます!」とお礼を一言。お礼をしないと返信が来ないわけじゃありませんが、言われて悪い気になる人はいません。ちょいプラスぐらいの効果はあります。

 

こんな小さな積み上げも大切にしたいですね。また、必ず名前(ニックネーム)の呼びかけから始めるのもポイント。それだけでもコピペ感は小さくなります。

2.簡単な自己紹介

「食品メーカーで営業をしている●●です」のように、ごく簡単な自己紹介をします。詳しくはプロフィールに任せればいいので、ココは職業やアピールポイントなどを一言で表現します。

3.どんなところに魅かれたか

ココがマッチングアプリのファーストメッセージで肝になる部分。いいね!したのは、相手に何らかの魅力を感じたからですよね。そのいいね!した理由(どんなところが気になったのか)を書きます。

 

いや、本音は「かわいいから」「イケメンだから」かもしれませんが、できれば外見以外の理由をしっかり書くと「ちゃんと自分のことを見てくれている」と感じる相手が多いと思います。

 

特に趣味、職業、出身地など、2人の共通点を見つけて、例えば「僕も■■出身なので」「うちもチワワを飼っていて」のようにアピールするのは鉄板!

 

共通点がある相手には共感しやすいですからね。一発目でガシッとつかんておくと返信率も上がりますよ。

 

ここはちゃんと相手のプロフィールを読み込んで情報収集することが肝。中でもサブ写真には、特にアピールしたい趣味やライフスタイルが現われているものです。重要なヒントになりますよ。

4.質問をする

質問されると返しやすいです♪

メッセージのやり取りは男性がリードするのが基本です。初回メッセージにも女性が返しやすい配慮をしてあげるべし!

 

最も簡単な方法は質問を入れてあげること。質問されると女性も返事に何を書いたらいいか迷うことはなくなるし、何となく返さないと悪い気にもなります。

 

ただし、初めてのメッセージですから、具体的にどこに住んでいるかに迫るような個人情報に突っ込み過ぎた質問はNG。

 

あくまで趣味などの軽い話題を振るようにします。2通目以降のことを考えると、後の会話が広がりそうな話題について振るのが理想的ですね。

 

3にも書いた理由から、サブ写真について質問するのも効果的です。

どんな言葉づかいで書くか?

いきなり馴れ馴れしくされても…

何を書くかも大事ですが、もう1つ、どんな言葉使いで書くかも大事です。

 

詳しくはメッセージのやり取りで大事なことに書いたように、女性は男性以上にマッチングアプリで知り合った人と会うことに不安を感じています。

 

その不安を取り除いてあげない限り、デートまで行きつきません。

 

で、第一印象を作るのが初回メッセージですから、丁寧な言葉づかいで書くのが絶対のセオリーです。

 

逆に、親近感を持ってもらおうと、いきなりタメ口の馴れ馴れしい文面にすると、女性は本能的にガードを固めます。最初に余計な警戒芯を持たせてしまい、かえって遠回りに…。

 

かと言って、あまりにもガチガチにお堅い敬語の文章も他人行儀、つまらなそうな人というマイナスな印象を与えてしまいます。

 

敬語7割タメ語3割が好感度の高いメールの黄金比という説もあるように、「明るく丁寧で堅すぎない文章」を意識すると好印象なメッセージになるはずです。

どれぐらいの長さで書くか?

いきなり長文の初回メッセージが送られてきたら、ほぼんどの女性は引きます。重すぎですよね。それに、パッと見た瞬間に「読むの面倒くさっ、返すの面倒くさっ」となって、スルーする可能性大。

 

一方で、簡単な挨拶&自己紹介と「よろしくお願いします!」という、あっさり初回メッセージもスルーされます。相手のことに全く触れていない時点で、定型文のコピペと思われても仕方ありませぬ。

 

僕的には、先程の4項目を簡潔に盛り込んで、70文字〜100文字程度で書くのがいいんじゃないかと思ってます。行数だと5〜7行ぐらいのイメージですね。

このページの先頭へ