マッチングアプリでLINE交換するタイミング・方法と注意点まとめ

恋活婚活マッチングアプリで知り合った相手とのライン交換は危険?成功率の高いタイミングと誘い方は?理由付けは本当に必要?断られた時の対処法は?LINE交換のノウハウと注意点を全てまとめました!
MENU

マッチングアプリでライン交換するベストタイミングと誘い方

更新日:2021/03/16

LINE交換本当に大丈夫?

マッチングアプリでライン交換するタイミングと誘い方についてお悩みの男性はなにげに多いと思います。僕も最初そうでしたから(^_^;)

 

まず、当サイトでおすすめしている恋活婚活アプリの課金システムは全て定額制なので、男性も有料会員になればメッセージ送り放題。

 

これがメールを1通送るごとに料金がかかる、昔ながらのポイント制出会い系サイトと違う大きなメリットです。

 

そのため、焦って無料のLINEに持ち込む必要もなく、言ってしまえば、会うまでマッチングアプリ経由でやり取りしてもコスト面の支障はありません。のんびり構えていられるのでお気楽ですね。

 

ただ、ご存知の通り、LINEはめちゃめちゃ便利なコミュニケーションツール。移動するメリットは大きいものがあります。

吹き出し9

というわけで、この記事ではマッチングアプリでLINE交換するタイミングと方法、注意点について徹底解説します!

LINE交換のメリットとデメリットを確認

最初にマッチングアプリでLINE交換するメリットとデメリットを確認しておきます。

吹き出し8

特にデメリットを知っておくことはヒジョーに大事。それこそがLINE交換で気をつけるべき注意点につながりますから。

LINE交換のメリット

  • いちいちマッチングアプリにログインせずにスムーズにやり取りできて単純に楽。
  • やりとりが活発化し、距離を縮めやすい。親密になりやすい。
  • マッチングアプリを開かないので、周囲の目を気にせず、いつでも送信・返信可能。
  • マッチングアプリ経由のやり取りに比べてフェードアウトされにくい。
  • メッセージの既読・未読がわかる。ほとんどの人気マッチングアプリで既読表示機能は有料。
  • 無料通話が可能。ただし今は人気マッチングアプリの多くがビデオ通話機能(音声だけの通話も可能)を搭載したので昔よりこのメリットは小さい。

LINE交換のデメリット

  • 誘うタイミングが早すぎると断られて気まずくなるリスクがある。
  • 業者や迷惑ユーザーにLINE IDを教えてしまうとトラブルに巻き込まれる危険も。
  • LINEで予期せぬ個人情報が知られる可能性がある。特に名前や写真に注意。

LINE交換の失敗は9割以上が早過ぎ?

LINE交換を仕掛けるタイミングについては、マッチングアプリ攻略サイトによってノウハウがかなり違っていて「一体どれがホントなのよ?」と思っている人は多いはず。

吹き出し0

中には「本当にそのタイミングでOKもらえてる?」と首をひねってしまうような情報もありますね…。

まず、LINEゲットの成功率が低い男子の9割以上は、誘い方じゃなく、タイミングが早すぎて失敗しているケースだと思います。言いかえると「まだロクに信用されていない」のに仕掛けているケースですね。

まずは女性の不安を理解するべし!

Facebook恋活アプリからのLINE交換の注意

LINEは女性にとっても便利ですが、当然ながら、信用できない怪しい男には教えたくありません。

 

業者や粘着質な男に教えてしまえば、メッセージや電話がしつこく来るかもしれません。

 

ブロック機能でイヤな相手からの連絡を絶つことはできますが、LINE内の情報を手がかりにSNSのアカウントを特定される、予期しない個人情報を特定されるなどのリスクもあります。

 

たとえブロックしても不安は尽きないし、そもそも日常でリア友とつながっている大切なツールを変な輩に汚されたくないんです。

 

その点、恋活婚活マッチングアプリ経由でやり取りしている限りは、余計なトラブルの心配をしなくて済みます。

 

というわけで、マッチングアプリにどっぷり浸かっている女性は別として、アプリ慣れしていないフレッシュな女の子は信頼できそうと思った男性にしかLINEを教えません。

焦り過ぎな男子は結構多いらしい

吹き出し7

でも実際女性に聞いてみると、まだ準備ができていない段階でLINEを聞いてくる男子って意外なほど多い…。

1〜2通目でいきなりライン交換を持ちかけるのは論外として、マッチングアプリ攻略法の中には「メッセージ送信5通目ぐらいがベスト」という情報もあります。

 

でも僕の経験から言えば、それも早過ぎ。ポイント制出会い系サイトじゃないんですから。

 

メッセージ開始直後は続けて数通やり取りするのが普通なので、5通って1日目か2日目。そんな攻略法を真に受けてたら会えるものも会えません。

 

いや、中には聞けば、すぐ教えてくれる子もいますよ。業者ではない一般人だとしても、遊び目的(特にメシモク)の女性や男子と会いまくっているネット恋活婚活プロの女性ですね。

 

でも後ほどコッテリ解説するように、そのような女性は少数派です。

吹き出し8

マッチングアプリのメイン女性は真面目な恋人探し目的。ヤリモクを警戒していて、ライン交換にもある程度慎重な子が多数派です。

冒頭に書いた通り、恋活婚活マッチングアプリではいくらメッセしても料金は変わらないので焦る必要ありません。

 

女性から「この人なら教えても大丈夫そう」と思ってもらえるよう、しっかりコミュニケーションを深めることこそが大切なんです。

焦り過ぎは業者にも騙されやすい

それにネットワークビジネスなどの業者は、マッチングアプリ運営に見つかって利用停止/強制退会にならないうちに、早くLINEに移りたいと考えています。

吹き出し1

焦って、すぐにLINE交換を持ちかけてくる男性は業者にとって好都合。どうしても騙されやすくなります。

ライン交換では男側がIDを送るのが普通の流れなので、業者に教えてしまうと後々面倒なことに。ブロックしても別アカウントから迷惑メッセージを送ってくる可能性もあります。

 

LINEのプライバシー管理で「IDによる友だち追加を許可」をオフに設定すれば、ID検索できなくなり悪用を防げますが…

 

本当にLINE IDで追加してほしい友達がいる時は設定をオンに戻さないといけないので、何かと不便ですよね。

吹き出し3

女性に信頼されるための時間だけじゃなく、男だって相手を見極める時間が必要なんです。そんな意味でも、セカセカ急ぐのはおすすめしません。

LINE交換のベストタイミングを徹底解説

吹き出し5

LINE交換のベストタイミングを知るには、実際にマッチングアプリを利用している女性の声を聞くのが一番。

マッチングアプリ公式のアンケート結果

マッチングアプリwithの公式が運営している「賢恋研究所」によると、withの女性会員に「連絡先を聞かれたいタイミングは?」というアンケートをおこなったところ、次のような結果になったそうです。

2日以内 3日目 4〜6日 7日以上
20.8% 18.0% 21.6% 39.6%

吹き出し4

最も多かった解答が「1週間以上たってから」で約4割。3日以上を合計すると全体の約8割も占めているんです。

2日以内の女性も2割程度いますが、最大派閥は1週間以上なわけで、もう少しゆったり構えて仕掛けた方が確率的に吉と出る可能性が高いってことです。

 

たとえマッチングした当日に短期集中で会話が弾み5〜10通をクリアしても「初日に教えてしまうと軽い女と思われそう」という心理が働く女性は多いもの。

 

でも不思議なもんで、メッセージ数は少なくても、日をまたいで数日間継続してやり取りしていると抵抗が薄れてくるんですよ。

吹き出し5

やはり5通、10通というより3日〜1週間を目安にするのがおすすめですね。

サービスによってベストタイミングは変わる?

ただ、同じアンケートを別のマッチングアプリで実施すると、少し傾向が違ってくる可能性はあります。

 

デートに誘うタイミングもそうなんですが、真剣度が低いカジュアルなサービスほど、早めの仕掛けが良い傾向って間違いなくあるんですよ。

 

人気マッチングアプリのざっくりした傾向は次の通りですね。

■早め<<<遅めの順
TinderタップルwithペアーズOmiaiゼクシィ縁結び

Tinderやタップルのようにカジュアルなサービスで仕掛けが遅いと、他の男にサクッと持って行かれてしまうリスクが高まるんですよね。

 

早めにLINE交換を仕掛けるメリットは、成功すれば「マッチングアプリ内でやりとりするよりフェードアウトされにくくなる」こと。

 

タップルやTinderでも1通目とか2通とかは当然ナシですが、3日目あたりを目標に置くのはアリだと思います。

成功率重視なら初デートが決まった時

でも時間だといまいちタイミングがつかみにくいという人も大丈夫。成功確率が高くて分かりやすい安全策を紹介します。

吹き出し9

それはズバリ実際に会うと決まったタイミングです。

誘い方も「よかったらLINEで日時とか待ち合わせ場所とか決めませんか?」と送るだけなので超簡単。

 

相手もデートすると決めた時点である程度こちらを信用しているわけだし、待ち合わせの時に連絡を取り合うのにお互い便利だし、成功率はめちゃめちゃ高い。安全策と言えますね。

 

そもそも「ムリならマッチングアプリのままでいい」ぐらいの余裕あるスタンスが、かえって良い結果を生むんです。それこそが定額制のメリットですから。

 

だったら、実際会ってから交換するのがもっと安全策では?という意見もあると思います。

 

でも、僕的には次の口コミと同意見。できれば交換しておくのがベターです。ま、後で触れますが、万が一断られたらしつこく聞くのは絶対NGですけどね。

 

慣れてきたら相手のテンションを読む

吹き出し5

ちなみに僕の場合、今は時間もメール数もあまり意識しなくなって、それより会話の盛り上がり具合と相手のテンションを重視してます。

で、会話が盛りあがったタイミング、相手の熱量があがったタイミングで仕掛けます。それが結果的に3日目〜1週間に収まることが多いという感じですね。

 

あきらかに相手のノリが良ければマッチング当日に聞いてしまうこともあり、それでOKもらえたりもします。いや、100%じゃないですが…。

 

成功率重視なら、やはりデートが決まった時なんですが、たまに見かける「デートの約束をするまで聞くな!」というのも安全策過ぎて面白味がないと思うんです。

 

もちろん最初のうちは安全策で良いですが、そればかりで失敗しないと、会話の流れを読むスキルがなかなかアップしません。

吹き出し2

経験を積んでくると、だんだん相手の熱量がつかめるようになってきます。

本当は女性の性格や会話の盛り上がり具合によってベストタイミングは違うので、そこを読んで臨機応援に仕掛けるのがマッチングアプリの面白さでもありますよね。

LINEを聞くベストタイミングポイントまとめ

吹き出し9

というわけで、マッチングアプリでLINEを聞くベストタイミングのポイントをまとめると次の通り。

  • 基本的に3日目〜1週間が目安
  • サービスの真剣度が低いほど早めの仕掛けで行ける傾向あり
  • 成功率重視の安全策は初デートが決まったタイミング
  • 慣れてきたら会話の盛り上がりと相手のテンションを読み柔軟に仕掛ける

誘い方はシンプルに男らしくが評判良し

次にLINEの聞き方についてですが、これもマッチングアプリ紹介サイトによってノウハウは色々。

 

よく見るのが、もっと〇〇さんと話したいからとか、写真送りたいからとか「理由をつける」のがコツという攻略法ですね。テンプレもあったりして、これまた悩んじゃう人も多そうです。

 

言うまでもなく「有料会員切れちゃうから」と料金を理由にするセコいアプローチは評判最悪ですよ。ま、さすがにコレを推奨している情報はないですけどね(^_^;)

 

でも「ラインの聞き方は難しく考える必要なんてない、シンプルな方がむしろ良い」というのが僕の経験から得た結論です。

吹き出し8

僕は「よかったらLINEしませんか?」ほぼ1本で普通にOKもらえてますよ。

理由をつけろというのは一見もっともらしい攻略法ですが、実際、女の子に聞いてみると「取ってつけたような理由をつけるより、ストレートに誘われた方が好感度高い」という声の方が圧倒的に多かったりします。

腕組み

断られてしまうのは、誘い方の問題というより、それまでの関係性の問題ですね。

関係性とは「信頼・興味・好感」をどれだけ獲得しているかです。

 

デートの誘いも同様ですが、成功するかどうかって仕掛けた時点の関係性でほとんど決まっているんです。いや、よほど上から目線の失礼な誘い方をすれば別ですが(^_^;)

 

関係性を築けていない原因としては「タイミング」が早すぎたケースもあれば、もっと時間をかけたところで解決できない「相性」がネックになっているケースもあります。

 

言ってしまえば、信頼度が高くて興味がある男性から誘われたら、シンプルな誘い方だろうが、多少早いタイミングだろうが、大概の女性はOKしてくれます。

 

逆に信頼できない・興味がない・好みじゃない男性から誘われても、いくら理由をつけようが断られるんです。

 

興味ない男に「〇〇さんともっと話したいから」なんて言われても、そんな一言で気持ちが変わるミラクルは起こりませんよね。かえってキモいと思われる可能性だってあります(^_^;)

吹き出し4

なので、誘い方にあれこれ悩むより、とにかくラインを聞くまでの関係作りに集中するべし。で、いけると思ったらシンプルなセリフで誘えばOKです。

もし断られても絶対にしつこくしない

ここまではLINE交換可能な女性を前提に解説してきましたが、中には次の口コミのように「LINE交換は会ってからが当たり前」と頑なに決めている女性も一定数います。

 

 

相手がこのタイプだったら、関係性をある程度うまく作れていても断られる可能性が高いです。

 

で、万が一断られた場合は絶対にしつこくしないこと。食い下がれば教えてくれるなんてことはなく、逆にヤリモクや危険人物と思われてゲームセットになるだけです。

 

断るのは現時点でまだ信頼・興味・好感を得られていない、あるいは今紹介した「そもそも会ってから」と決めている女性かもしれません。

 

でもデートに断られたなら、サクッとあきらめて次の女性に行くのがセオリーですが、LINE交換を断られただけなら、今まで通りマッチングアプリ経由でやり取りすればいい話。

 

ここは「了解!全然大丈夫です」と何事もなかったように受けてマッチングアプリ内でメッセージを続けるべし。

吹き出し4

一度断られた場合は無理に再度LINE交換を仕掛けるより、実際に会うまで聞かない方が良いですね。

冒頭に書いた通り、定額制マッチングアプリではLINE交換は必須じゃありませんから。

必読!LINE交換する時の注意点まとめ

吹き出し9

ライン交換する時には次の4点に注意して下さい。男性も女性も必読です!

1.LINE IDは男性側が教えるべし

LINE IDは男性側が送るのがマナーです。女性も安心できますよね。逆に女性にIDを聞いてしまうのはNG。気遣いが足りませぬ。イメージダウン必死です…。

 

また、女性側から積極的にIDを教えてくるのはネットワークビジネスなどの勧誘業者の可能性があるので要注意です。

2.LINEの名前をチェックするべし

ライン交換前にはLINE内に掲載されている自分自身の個人情報について、しっかりケアしておくべきです。これは男女ともに共通する注意点ですね。

 

LINEはリアルの友達とのやり取りで日常的に使うツールだけに、名前の設定をフルネーム(苗字+名前)にしている人もいます。

 

でも、まだ本当に信頼できるか分からない相手に本名をフルで公開するのは不用心かと。もしかすると業者かもしれませんし。

 

また、本名を知られるとGoogleで検索されてFacebookなどのSNSのアカウントがバレる可能性が…。そうなると意図せず個人情報が漏れてしまうし、SNSのタイムラインも見られてしまいます。

 

リア友との連絡ツールなので寒いニックネームを設定する必要はありませんが、苗字は伏せて下の名前を平仮名かローマ字で設定しておくぐらいの対策は取っておくべきです。

3.LINEのアイコンをチェックするべし

LINEのアイコン(メイン写真)は最初に必ず見られるものであり、人物像を判断する情報の1つになります。マッチングアプリの写真と全く同じ考え方ですね。

 

せっかく恋活婚活アプリに選りすぐりの写真をアップしていたのに、LINEに油断しまくりのユルユルな姿を載せていれば、一気にイメージダウンなんてことになりかねません。

 

まず、次の画像のようにアイコンが空欄状態なのは業者や危険人物と疑われかねないので必ず写真を設定しておきましょうね。

 

ラインのアイコン

 

ただ、LINEのアイコンはマッチングアプリのメイン写真と違って別に人物じゃなくても構いません。

 

自分の写真を載せたくなければ、可愛いペットでも、好きな食べ物や風景でも良いので、何か趣味・ライフスタイルのアピールにつながる写真を設定しておきましょー。

4.LINEのTLをチェックするべし

LINEのTLは「設定」から「タイムライン」をタップすると公開範囲を選べます。ここで「新しい友だちに自動公開」の項目がONになっていると、相手に自動でタイムラインが公開されてしまいます。

 

タイムラインの公開範囲設定

 

TLに見られたくない投稿があるなら事前に削除しておくか「新しい友だちに自動公開」をOFFにして非公開にしておくべし!

 

アイコンのところで解説したのと同じ理由から、特に写真には注意ですよ。

 

総括

マッチングアプリのメッセージ機能より便利で使いやすく、無料通話もできるメリットが嬉しいLINE。でも無理にライン交換を迫る必要はありません。また、実際に交換する前には、自分の個人情報をチェックしておくことも大切ですよ。

 
このページの先頭へ