恋活アプリでLINE交換するタイミングと注意するべき3つのこと

恋活アプリや婚活アプリで知り合った相手とLINE ID交換するタイミングの目安と注意するべきことは?
MENU

LINEは確かに便利!交換のタイミングと注意事項

LINE交換本当に大丈夫?

僕が当サイトでおすすめしている恋活アプリや婚活アプリは、ペアーズにしても、Omiaiにしても、withにしても全て定額制なので、メッセージは何通でも送り放題

 

これがメールを1通送るごとに料金がかかる、昔ながらのポイント制出会い系と違うメリットです。

 

そのため、少しでも早く無料のLINEに持ち込もうと焦る必要もなく、会うまでずっとマッチングアプリ内でやり取りするのもアリ。のんびり構えていられるので、お気楽ですよね。

 

ただ、ご存知の通り、LINEはめちゃめちゃ便利なコミュニケーションツールです。

 

ID交換すれば、恋活アプリにいちいちログインすることなくスムーズにやり取りできるため、メッセージ交換もより活発化します。

 

更に無料通話機能はもちろん、お互いに顔を見ながら話せる無料のビデオ通話機能まであります。やっぱりLINEに持ち込むメリットは大きいものがありますね。

 

ただし!ライン交換にはいくつか注意しておきたいことがあります。

 

LINE交換するタイミングはいつがいい?

Facebook恋活アプリからのLINE交換の注意

女性にとってもLINEは便利ですが、当然ながら、信用できない男性には教えたくありません。変な男に教えてしまえば、メッセージや電話がしつこく来るかもしれません。

 

ブロック機能を使えば、その男との連絡を絶つことはできますが、教えたLINE IDを掲示板にさらされるなどの悪用は防げません。

 

それに相手が万が一業者だったら、LINE IDを業者間で回されるかもしれません。

 

たとえブロックしても、こんな風に悪用されて別の怪しい輩からメッセージが来るようになると、日常のリア友との連絡ツールだけに超面倒…。

 

いや、LINEのプライバシー管理で「IDによる友だち追加を許可」をオフに設定すれば、回される悪用も防げるんですけどね。

 

知らない人もいるし、本当にIDで追加してもらいたい友達がいる時は設定を戻さないといけないので、何かと不便です。

 

そんなこんなで、女性は信頼できそうと思った男性にしかLINEを教えたくないんです。マッチングアプリ経由でやり取りしている限り、そんなトラブルの心配もしなくて済みますから。

焦り過ぎな男子は結構多いらしい

でも女性に聞くと、まだ準備ができていない段階でLINEを聞いてくる男子は意外なぐらい多いのです。

 

冒頭に書いた通り、恋活婚活アプリではいくらメッセしても料金は変わらないので焦る必要はありません。

 

女性から「この人なら教えてもいい」と思ってもらえるまで、しっかりコミュニケーションを深めることこそが大切ですよ。

 

マッチングアプリ攻略法の中にはLINE交換は5通以内がいいといった情報もあります。

 

でも、それって1日〜2日の世界。僕の経験から言えばポイント制出会い系アプリじゃないんですから、ちょっと急ぎ過ぎかと。

急ぎ過ぎは業者にも騙されやすい

いや、中には聞けば、すぐに交換してくれる女の子もいます。ただ、後で解説するように、実は少数派なんですよね。

 

それにネットワークビジネスなどの業者に限って、マッチングアプリの運営に見つかって強制退会にならないうちに、早くLINEに移りたいと考えています。

 

焦ってLINE交換を仕掛けてくる男は業者にとって好都合であり、そんな輩にも引っかかりやすくなります。

 

女性に信頼されるための時間だけじゃなく、こっちだって相手を見極める時間も必要なんです。そんな意味でも、急ぎ過ぎはやめた方がいいですよ。

恋活アプリ公式のアンケート結果

マッチングアプリwithの公式によると、女性会員に「連絡先を聞かれたいタイミングは?」というアンケートを取ったところ、最も多かった解答が「1週間以上たってから」で約4割だったそうです。

 

次いで4日〜6日が2割強、3日が2割弱と続きます。ココまでで8割を占めていますね。

 

最も少数派の2日以内という女性も最も残り2割弱いますが、やはり最大派閥は1週間以上なわけで、もう少しゆったり構えて仕掛けた方が確率的に吉と出る可能性が高いってことです。

 

僕も明らかにテンションが高い女性には早々に仕掛けることもありますが、基本的には5通、10通というより3日〜1週間前後を目安にするといいのかなと思ってます。

 

初デートが決まってからでも遅くない!

僕の場合、いまいちタイミングがつかめない時はムリせず、実際に会うと決まったタイミングでLINE交換を持ちかけるパターンも結構多いですよ。

 

「よければLINEで日程調整しませんか?」と送るだけなので簡単です。

 

相手もデートすると決めた時点である程度こちらを信用しているわけだし、待ち合わせの時に連絡を取り合うのにお互い便利だし、100%とは言いませんが、ほぼ断られません。

 

そもそも「ムリなら恋活アプリのままでいい」ぐらいの余裕あるスタンスが、かえって良い結果を生むんですよね。これこそ定額制のメリットですから。

LINE交換する時に注意したい3つのこと

で、LINEに誘ってOKをもらった時も次の3点に注意です。

1.IDは男性側から先に教えるべし

マナー上の意味合いもありますが、僕らが先に送ることで女性も安心できますよね。逆に女性側から積極的にIDを教えてくるのはネットワークビジネスなどの勧誘業者の可能性もあるので注意です。

2.LINEの名前をチェックするべし

交換前には自分自身の個人情報についても、しっかりケアしておくべきです。

 

LINEはリア友とのやり取りで日常的に使うツールだけに、名前の設定がフルネーム(苗字+名前)の方もいると思います。

 

でも、まだ本当に信頼できるか分からない相手に、本名をフルで公開するのは不用心かと。もしかすると、業者かもしれませんしね。

 

また、本名を知られるとGoogleで検索された時にFacebookの情報がヒットする可能性が…。そうなると意図せず個人情報が漏れてしまうし、Facebookのタイムラインも見られてしまいます。

 

リア友との連絡ツールなので、寒いニックネームを設定する必要はありませんが、せいぜい苗字は伏せて、下の名前を平仮名かローマ字で設定しておくぐらいの対策は取っておくべきだと思います。

3.LINEのTLをチェックするべし

LINEでは「設定」から「タイムライン」をタップすると、公開範囲を選べますが、ここで「新しい友達に自動公開」の項目がONになっていると、自動的に相手にタイムラインが公開されてしまいます。

 

タイムラインの公開範囲設定

 

TL上に、相手に見られたくない投稿があるなら、事前に「新しい友達に自動公開」をOFFにして非公開にしておくか、投稿を削除しておくべし!

 

特に画像には注意。せっかく恋活アプリに選りすぐりの写真をアップしていたのに、LINEのタイムラインやアイコンに油断しまくりのユルユルな姿を載せていれば、一気にイメージダウンなんてことになりかねません…。

 

総括

マッチングアプリのメッセージ機能よりも便利で使いやすく、無料通話までできるメリットが嬉しいLINE。でも無理に交換を迫る必要はありません。また、もし相手がOKしてくれても、ID交換の前にはこちらの個人情報をチェックしておくことも大切ですよ。

 
このページの先頭へ