タップル誕生を始める前に知っておきたいチャンスタイムのこと

タップル誕生でスタートダッシュをするために絶対に知っておきたい「チャンスタイム」。チャンスタイムを生かすために準備しておくべきこととは?また、メリットを生かすコツとは?
MENU

チャンスタイムを効果的に使うコツまとめ

タップル誕生のチャンスタイム

タップル誕生の評判と評価」に詳しく書いた通り、いいかも!を選ぼうが、イマイチ…を選ぼうが、異性のプロフィールカードを1枚見るごとに手持ちカードを1枚消費するのが、このマッチングアプリの特徴。

 

※いいかも or イマイチを選ぶアクションをフリックと言います。

 

ここが「いいね!」を選んで初めて手持ちいいね(タップル誕生で言うカード)を消費するペアーズやOmiaiと大きく違うところです。

 

極端に言うとタップル誕生の場合、好みじゃない相手が50人連続で表示され、全てにイマイチを選んでも強制的に50枚のカードを消費してしまうわけ。好みの女性が表示されるかは正に運次第なんですよね。

 

でも、時々発動される「チャンスタイム」だけは例外です。30人にいいかも!するまで30分間プロフィールカード見放題、要はイマイチを選んでもカードが消費されないスペシャルタイムなんですね。

 

ただし、このチャンスタイム、基本的にはいつ発動するか分かりません…

 

が!最初のチャンスタイムは、タップル誕生に登録して使い方のチュートリアルが終わった直後に訪れるんです。

スタートダッシュの準備

チャンスタイムでスタートダッシュ!

ただ、登録直後にプロフィールに設定されているのは、メイン写真とニックネームなどの最低限必要な情報のみ。

 

特にマッチング率を上げるために大切な「自己紹介文」をはじめ、プロフはまだ空欄です。

 

そのままでいいかも!を送ってもメイン写真の印象が良ければ、マッチングすることもありますが、自己紹介文が空欄なのに、ありがとう!を返してくる女性は正直、あまり質がいいとは言えません

 

真面目にパートナーを探している子なら、ちゃんとこちらのプロフを吟味するもの。

 

特にタップル誕生には登録条件の緩さから業者や冷やかしの類が多めに紛れ込んでいて、いいかも!すれば、ロクにプロフも見ずにありがとう!を返してきます。

 

そんな相手とマッチングしても意味ありませんよね。やっぱりマトモな女性とマッチングしたいなら、ちゃんと自己紹介文を書いておく必要があるんです。

リミットは30分!事前に用意しておくことが必須!

でもチャンスタイムのリミットは30分。血液型や学歴などの選択式の項目は速攻で埋まるので問題ありませんが、スタート後に自己紹介文をああだこうだ考え始めたのでは、あっという間に30分経ってしまいます。

 

そのためタップル誕生でスタートダッシュを決めるポイントは、登録前に自己紹介文を準備しておき、コピペですぐに貼り付けられる状態にしておくことなんです。

 

もし既に他のマッチングアプリを利用しているなら、取り急ぎ、そちらからコピペするのも1つですね。

 

念のため、タップル誕生が提案している自己紹介文の書き方の画像を張り付けておきますね。合わせて「恋活アプリでいいね!をもらえるプロフの書き方」も参照下さいませ。

 

タップル誕生の自己紹介文の書き方

 

更に、すぐアップできるようサブ写真まで準備しておければ完璧です。

チャンスタイムでは妥協するな!

チャンスタイム発動中はイマイチを選んでもカードが減らないので、通常より厳しい目で相手を選べます。せっかくのチャンスですから、妥協しないでコレは!という相手だけを狙っていいかも!をするのがオススメ。

 

加えてタップル誕生では一度表示された相手は再表示されないシステムになっています。

 

最初のチャンスタイムで、とにかくできるだけ数多く、好みじゃない相手に対してイマイチしておくと、後々、無駄にカードを消費する確率を減らす効果もありますよ。

 

 

総括

タップル誕生の最初のチャンスタイムでスタートダッシュを決めるコツは登録前に自己紹介文を用意しておくこと。また、その後もランダムで発動しますが、時間内では普段より厳しい選球眼で相手を選びつつ、できるだけ沢山のプロフィールカードを見ることもメリットを生かすコツですよね。

 
このページの先頭へ