ペアーズの相性度って本当に当てになるの?

Facebook恋活アプリ「ペアーズ(pairs)」の相性は本当に当てになるの?相手探しの際の相性度の優先順位は?
MENU

ペアーズの相性度は気にするべきか?

ペアーズの相性は当てになるの?

Facebookマッチングアプリpairsでは、相手のプロフィール欄に自分との「相性」が%で表示されます。

 

この数字、公式によると「独自のアルゴリズムにより算出したお相手との相性度」であり、高いほど実際のマッチング率も高いとのデータもあるとか。

 

でも、どんな基準で数字がはじき出されているのかは企業秘密のようで、明かされていません。プロフの内容やコミュニティの共通点の数がアルゴリズムの1つになっているのは間違いないと思いますが…。

 

と思いきや、最近発見したペアーズ公式のインタビュー記事によると、共通点の他、2人のログイン時間から予測できる生活スタイル、ECサイトで採用されている協調フィルタリングなども材料にAI(人工知能)が判断しているとか。

 

協調フィルタリングとはAmazonが「この商品を買った人はこんな商品も」と薦めて来るアレみたいなヤツです。なんか思ったより凄そうですねw

 

では、いいね!する相手を決める時、相性度を気にした方がいいんでしょうか?

ペアーズの相性について僕の実感

ペアーズの相性度ってあんま関係ないような…

マッチングした相手と相性度の関係を検証している人達もいますが「相性は全く関係ない」という声もあれば「70%以上の相手のマッチング率が高い」といった声もあり、決定的なデータはありません。

 

で、僕の実感としては今のところ、ほぼ気にする必要なし!「今のところ」の意味は後で触れます。

 

実際、50%台の女性とも普通にマッチングするし、逆に90%以上の女性とマッチングしないことだって多々ありますからね。

 

ペアーズ全体の数百万人規模のサンプル数で見ると、本当に公式サイトがアナウンスしているような傾向があるんだと思います。

 

でも、個人規模のマッチング数で検証したところで、サンプル数が少ないだけに、如実に実感できる程にはならないというのが、僕の考えです。

相性度の優先順位は?

マッチング率に大きく影響するのは、相性度よりも圧倒的に相手がもらっている「いいね!」数の方です。ですから、僕は最優先でいいね!の数に注目します。

 

相性よりもいいね!数

 

直近30日間に200以上のいいね!をもらっている人気女性は、相性が90%越えだろうが何だろうが関係なく、やっぱりマッチング率は厳しい…。

 

ペアーズの相性といいね数

 

こっちにもある程度のスペックが要求されるし、ライバルより目立つようにメッセージ付きいいね!を使うなどの策も考える必要がありますね。

 

もう1つは当たり前ですが、相手の顔写真とプロフを見て、直感的に好感が持てる人や共通点が多い人を探します。

 

また、熱心に恋活しているかを測るため最終ログイン情報もチェックします。ここまで相性は一切考慮しません。

 

で、アプローチしたい人を決めたら、最後に相性を見ます。90%以上なら少し心強いし、逆に50%台だから、いいね!するのをやめるかと言えば、そんなこともありません。

 

ただ、先程「今のところ」ほぼ気にする必要なし!と書いたのは、冒頭で触れた公式インタビューによると、AIの学習機能で相性度の精度を高める取り組みが行われているから。

 

今後はより重視すべき指標になるかもしれませんね。

 

 

総括

僕的にペアーズの相性は、現時点だと気休め程度の指標。相手選びの判断基準にしてません。DaiGoさん監修のウィズのように、性格診断結果から相性の良いタイプを紹介してくれたり、共通点の数が表示されていたりの方が単純な自分には分かりやすい気もしますが、どうでしょう?

 
このページの先頭へ