ペアーズのブロックと非表示を使いこなす知識まとめ

マッチングアプリPairs(ペアーズ)のブロックと非表示機能を使いこなして快適に恋活するための知識まとめ。相手にはバレる?ブロックと退会を見分ける方法はある?ブロックと非表示の違いは?徹底解説!
MENU

ペアーズのブロックと非表示を使いこなすコツ徹底解説

更新日:2020/11/29

Pairsのブロック機能

マッチングアプリParis(ペアーズ)のブロック機能と非表示機能を使いこなせば、より快適かつ安心安全な環境で恋活&婚活できます。でも…

  • ブロックや非表示にすると相手にバレる?
  • ブロックか退会か確認する方法はある?
  • ブロックされたらどう対応すればいい?

などなど、何となく疑問や不安を抱えたまま使っている人も意外と多いのではないでしょうか?

吹き出し5

というわけで、この記事ではペアーズのブロック&非表示機能を使いこなすポイントをまるっとまとめておきます!

ペアーズのブロック機能とは?使い方解説!

吹き出し4

ペアーズのブロックはお互いのつながりを永遠に絶ち切る機能です。

マッチングする前の相手、マッチングした後の相手どちらにも使えて、ブロック後は以下の状態になります。

  1. お互い検索やコミュニティ参加者一覧に表示されなくなる
  2. お互いプロフィールにアクセスできなくなる(相手側のリスト内では、こちらが退会済み表示になる)
  3. メッセージの履歴は全て削除される

相互から一切コンタクトを取れない状態になるわけです。ただしLINEなどのブロックとは違い、一度ブロックした相手を解除することはできない点には注意です。

吹き出し8

となるとブロックを使うのは、次のように二度と関わりたくない相手に対してになりますね。

  1. マナーが悪い異性に遭ってしまった(失礼な言動があった・誹謗中傷された・嘘をつかれた・断ったのにしつこくメッセージを送ってくるなど)
  2. 業者っぽい相手に遭ってしまった(外部のサービスに誘導された・ネットワークビジネスに勧誘されたなど)
  3. 友達・知り合いを見つけてしまった

自分がブロックした会員はマイページ「設定」内にある「ブロックユーザーリスト」の一覧で確認できますが、アイコンをタップしても何の反応もない、つまりプロフィールへのアクセス不可能な状態になります。

 

ペアーズのブロックユーザーリスト

 

そのため悪質な会員を「違反報告(通報)」したい場合、先にブロックすると、自分も相手のプロフィールページに入れなくなり、違反報告もできなくなってしまいます。

 

いや、実際はブロック後も運営に会員の特徴を伝えれば対応してくれますが、面倒なので、悪質なユーザーに対しては先に通報してからブロックするのがおすすめですね。

 

ペアーズの非表示・ブロックの設定画面

相手からはどのように見えるのか?

解説済みの通り、相手が検索やコミュニティ参加者一覧でコチラを探しても見つからない状態になります。

 

と同時に、既に相手側の足跡・いいね・メッセージ・お気に入りリストにコチラのプロフィールが掲載されていた場合は「退会済み」表示に変わります。

 

リストによって表示方法は違いますが、次のどちらかのパターンですね。

吹き出し9

このように写真は見えなくなり、ニックネーム・年齢・地域・身長などのごく一部の情報だけが残ります。

ペアーズでブロックした場合の相手かからの見え方1

 

ペアーズでブロックした場合の相手からの見え方2

 

相手がこの画面をタップしても、一切プロフィールにアクセスできません(何も反応しない状態)。当然、メッセージを送ることもできないし、メッセージ履歴も削除され、閲覧できなくなります。

吹き出し8

この見え方は本当に退会した会員と全く同じなので、相手側はコチラが退会したのか、ブロックしたのか見分けられません

ブロックすると相手にバレるのか?

ここまでの内容で分かるように、マッチング前の相手なら、まずバレることはありません。

 

万が一、友達・知人と知らずに足跡を残してしまった場合も、気付いてブロックすれば、相手側のリストには「退会済み」表示しか残らないため、誰だったのか特定するのは不可能です。

吹き出し7

でもマッチング後にメッセージをやり取りしていた相手には、ブロックを疑われる可能性はありますね。

相手側のメッセージコーナーの「やりとり中」リストに掲載されているコチラのアイコンが突然「退会済み」表示になり、メッセージ履歴を閲覧できなくなりますから。

 

ここでブロック機能に詳しくない人なら「なんで突然退会しちゃったのよ…」と落胆して終わりですが、詳しい人なら「これって退会じゃなくブロックされたんじゃね?」と察する可能性はあるってことです。

 

ただし、相手側がブロックか退会かを明確に見分ける方法は、他人のアカウントを借りるなどして別アカでログインし、コチラを検索して探すしかありません。

 

普通そこまでやる人はいないので、基本、はっきりバレることはないです。

吹き出し2

どのみちブロックすれば二度とコンタクトできなくなるわけで、気にする必要ないですよ。

ペアーズのブロック設定方法

難しくないので、ごく簡単に解説すると、相手のプロフィール詳細画面右上の「…」マークをタップし、表示されたメニューの「非表示・ブロックの設定」をタップします。

 

ペアーズの非表示・ブロックの設定画面

 

あとは非表示・ブロックの設定画面で「自分とお相手の画面に、お互い表示されないようにしたい」を選択し「設定内容を更新する」ボタンを押せばOK。簡単ですね。

 

ペアーズのブロック設定方法

 

ただし、繰り返しますが、一度ブロック設定すると解除できない点だけ注意です。

自分がブロックされたら?対処法まとめ

なんでブロック?

自分が誰かにブロックされることも当然ありえます。既に解説したように、マッチング前なら通常は気付きませんけどね。

 

でも自分のメッセージコーナーの「マッチング中」や「やりとり中」のリストの相手が「退会済み」表示になれば、アレ?ってなると思います。

 

特に、今までメッセージ交換していた女性が突如「退会済み」になってしまった…。

 

そんな時は、相手が本当に退会したか(何か規約違反をして強制退会させられたケースも含む)、相手にブロックされたかのどちらかです。

退会かブロックかの見分け方はある?

昔は「退会者リスト」をチェックして相手がいなければ退会ではない=ブロックされていると分かったんですが、現在は退会者リスト自体がなくなってます。

 

たぶんユーザーから、相手にバレないようにしてほしいとの要望があったんでしょうね。

吹き出し4

なので今はブロックか退会かを見分ける方法はありません。

いや、友達などのアカウントを借りてログインするか、自分で作った別アカウントでログインして検索する方法はあります。そこで相手が検索に表示されれば、退会ではなくブロックだったということです。

吹き出し1

ただーし!この方法は反則技

特に自分で複数のアカウントを持っていることがペアーズ運営にバレれば、規約違反で強制退会になる可能性大です。おすすめしません。

数人程度ならイチイチ気にしない

吹き出し3

というわけで結論としては、数人程度ならブロックだろうが退会だろうが「いちいち気にするな」です。

まず、相手が退会表示になっても、自分に全く原因がないケースもあります。

 

相手側が利用規約違反をしている悪質ユーザー(業者・ヤリモクなど)で、コチラに通報されないよう先手を打ってブロックしたケースや運営に強制退会させられたケースですね。

 

また、そうじゃなく、ごく一般の女性(男性)にブロックされたとしても、全ての人とうまくいく必要なんてありませぬ。最終的には相性ぴったりの恋人が1人見つかればいいわけです。

 

何人もの相手に気軽にアプローチできるのがマッチングアプリのメリット。

 

ペアーズにはとにかく大勢の異性が参加しているので、理由うんぬんを分析して悩むぐらいなら、さっさと新しいパートナー探しに気持ちを切り替えるべし!なのです。

何人も続くなら自分の行動を見直す

ただし!数人程度なら別にいいんですが、メッセージをやり取りしていて毎回毎回デートに辿り着く前に相手が退会表示になってしまう…

腕組み

そんな風に、退会現象が妙に多いと感じる場合は、自分の行動を見直した方がいいかもしれません。

この場合、問題に気付いて改善しない限り、今後も同じ傾向が続いてしまう可能性があるし、ペアーズ以外の人気マッチングアプリを使っても同じような結果に陥る可能性もあります。

 

ブロックされないためのチェックポイント

  1. 失礼な言動・不快にさせる言動がなかったか?
  2. 自分のことばかり話していなかったか?
  3. しつこくしていなかったか?(特に返信がない時の催促メール)
  4. 焦りすぎていなかったか?(LINEやデートに誘うタイミングは早過ぎないか?)
  5. のんびりし過ぎていなかったか?(デートに誘うタイミングが遅すぎないか?)

吹き出し4

万が一、1〜4で嫌われていたかもと思ったら、その反省を今後の出会いに生かすべーし。

また、LINE交換のタイミングについて、有料会員はペアーズ内のやり取り無料だし、焦って動く必要は全くありません。

 

ましてや、2020年にはペアーズ内に無料のビデオ通話機能(ビデオデート)が搭載されたため、LINEで無料通話をする必要もなくなりました。

 

いまいちタイミングがつかめなければ、初デートが決まった時で全然問題なし。不安なら、デートして気が合ったら交換でもいいぐらいです。

 

デートに誘うタイミングは早すぎても遅すぎても良くありません。基本的にはマッチング後3日〜1週間前後が目安。

 

相手の女性がいつも本当に退会してしまう場合は、デートに誘うタイミングが遅く、ライバル男性に先を越されている可能性もありますよ。

ペアーズの非表示とは?ブロックとの違い

吹き出し4

ペアーズの非表示は興味がない相手やイヤな相手を自分の画面から一方的に消す機能です。

非表示はあくまで、自分側に表示させなくするだけの機能なので、ブロックと違って相手側には何の変化もありません

 

相手は今まで通り、こちらの存在を確認できるし(検索にもリストにも表示される)、メッセージを送ることもできます。

 

でも、こちら側には検索にもリストにも一切相手が表示されない、メッセージも届かないので、精神的に穏やかになれます。メールした相手側からすれば、こちらに無視されている状態ですね。

 

また、設定すると二度と解除できないブロックと違い、非表示は解除することも可能です。

 

というわけで、ブロックと非表示の違いを整理すると次の通り。

ブロック 非表示
検索 お互い非表示 自分側だけ相手を非表示にする。相手側にはこちらが表示される。
相手からの
見え方
こちらが退会済み表示に変わる 変化なし
メッセージ履歴 削除される 保持される
解除 できない できる

吹き出し8

あ、友達・知人を見つけてしまった時は非表示にしても、相手からは見えたまま。必ずブロックして下さいね。

非表示の設定と解除方法

非表示の設定方法も超簡単なので、サラッと解説します。

 

設定の入口はブロックと全く同じ場所です。相手のプロフィール詳細画面右上の「…」をタップすると、メニューが表示されるので「非表示・ブロックの設定」をタップ。

 

ペアーズの非表示・ブロックの設定画面

 

あとは次の画面で「自分の画面にお相手が表示されないようにしたい」をタップして「設定内容を更新する」ボタンを押すだけです。

 

ペアーズの非表示設定方法

 

非表示設定した相手はマイページ「設定」内にある「非表示ユーザーリスト」で確認できます。

 

解除したい時は「非表示ユーザーリスト」にアクセスし、一覧で対象の相手の右にある「解除する」ボタンを押せばOKです。

 

Pairsの非表示ユーザーリスト

このページの先頭へ