ペアーズのブロック機能と非表示機能で快適に恋活するための知識

Facebookマッチングアプリ「ペアーズ」のブロック機能と非表示機能で快適に恋活するための知識まとめ。
MENU

ペアーズのブロック機能と非表示機能

Pairsのブロック機能

ペアーズ(pairs)のブロックと非表示を使いこなせば、より快適な環境で恋活できます。

 

ココでは2つの機能の違い、具体的にどんな場面で使うのか、自分がブロックされた時の対処法など、ブロック&非表示を使いこなすための知識をまとめました。

ペアーズのブロック機能とは?

ペアーズのブロック機能ブロックは相互に相手の存在を確認できなくする機能。マッチング成立前の相手をブロックすると、お互いの検索に相手が表示されなくなります。マッチング成立後、メッセージをやり取りしていた相手をブロックすると、お互いの一覧から相手の情報が消え、それまでのメッセージ履歴も全消滅します。で、その後は相互に連絡が取れなくなります。

こんな時はブロックするべし!

しつこくメッセしてきたり、誹謗中傷をしてきたりする悪質な会員や外部のサービスに誘ってくるような業者をブロックすれば、以後、永久に縁を切ることができます(※目に余る相手はブロック設定するとともにペアーズに通報するべし!)。

 

また、万が一、Facebookで友達になっていない知人を見つけた場合もブロックが有効。相手の検索にこちらの情報が表示されなくなるので、相手に見つからずに済みます。

ブロックの設定方法

相手のプロフィール画面を開き、スマホアプリの場合は右上のメニューから「非表示・ブロックの設定」、PCの場合には「表示設定」へと進み、「自分とお相手の画面に、お互い表示されないようにしたい」を選択します。

 

ただし、昔はブロック解除もできたのですが、現在は一度ブロック設定すると解除できない仕様になっているのでご注意を。

自分がブロックされたら

なんでブロック?

当然ながら、相手からブロックされることもありえます。マッチング前ならブロックされたことに気付きませんが、マッチングした後なら、相手が急にメール画面の一覧から消えるので分かります。

 

ただ、相手が退会した時も同じように消えるので、ブロックなのか退会なのかを確かめたい場合は「退会者を表示する」から退会者リストを確認してみて下さい。もし、リストに相手がいなければ、ブロックされたことになります。

 

まあ、今までやり取りしていた相手に突如ブロックされるといい気持ちはしませんが、いちいち気にしちゃいけません。数を打てることこそがFacebookマッチングアプリの大きなメリットなんですから。

 

万が一、相手に嫌な思いをさせてしまったなら、その反省を次の出会いに生かせばいいだけ。ペアーズにはとにかく大勢の異性が参加しているので、さっさと新しいパートナー探しに気持ちを切り替えるべし!なのです。

ペアーズの非表示機能とは?

ペアーズのブロック機能非表示は興味がない相手などをこちらの画面から消す機能。検索結果やメール一覧を整理してスッキリさせたい時に有効ですね。非表示はあくまで、こちら側に表示させなくするだけの機能なので、ブロックと違って相手側は非表示にされたことに気付きません。

 

非表示機能を使っても、相手側からは今まで通り、こちらの存在を確認できるし、メッセージを送ってくることもできるわけです。

 

また、非表示はブロックと違って解除できます

 

設定はブロックと同じ場所からできますが、解除はスマホアプリの場合もPCの場合もメニュー画面から「非表示ユーザーリスト」を表示させ、解除したい相手の「非表示を解除」ボタンを押して下さい。

このページの先頭へ