ペアーズプライベートモードの利用価値は?そのメリット・デメリット

マッチングアプリPairs(ペアーズ)のプライベートモードは本当に使う価値があるんでしょうか?僕なりに感じたメリット・デメリットをまとめました!
MENU

ペアーズ(Pairs)プライベートモードの価値を考える

更新日:2020/06/22

pairsのプライベートモード

ペアーズにFacebookアカウントで登録すると、FBの友達はお互いの検索に表示されないので「基本的に」知り合いにバレにくい仕組み。

 

これが昔ながらの出会い系と違う、Facebook連動型恋活アプリのナイスな仕組みの1つですね。ただし、あくまで「基本的に」です。

 

ペアーズやOmiaiはバレる?バレない?に詳しく書いたように、FBで友達になっていない異性の知人が、こちらを発見する可能性はゼロじゃありません(同性は検索できないので心配なし)。

 

また、今は多くの人気マッチングアプリがSMS認証を導入していて、電話番号で登録する利用者も増えています。更にペアーズはメールアドレスでの登録にも対応しています。

 

そのように電番やメアドで登録したユーザーに対しては、当然、Facebookの友達同士が非表示になるシステムはありません。運営も友達かどうか判断できませんから。

吹き出し3

なので、Facebookで友達になっていない異性の知り合い、もしくは電話番号やメアドで登録した異性の知り合いがペアーズにいれば、お互いに表示されてしまう可能性はあるわけ。

でも、有料オプションのプライベートモードを使えば(1ヶ月プランで男女とも月額2,560円、料金詳細は後ほど)、誰かに発見される確率をゼロにできるんです。

 

プライベートモードとは?メリットデメリット

身バレの心配ゼロっすね〜♪

プライベートモードの申し込み方法と使い方自体は簡単で、ペアーズ内でも分かりやすく説明されているため、ここでは僕なりに感じたメリットとデメリットを交えつつ要点だけ解説します。

 

プライベートモードはスイッチボタンでオン/オフをサクッと切り替えできるようになっていて、オンにした時にできることは次の2つ。

 

1つ目は「いいねした相手とマッチングした相手だけにプロフを公開できる」、2つ目は「足あとがつかなくなる」ですね。

1.いいねした相手とマッチングした相手だけにプロフを公開できる

プロフィール(もちろん写真含む)が自分からいいね!した相手マッチング済みの相手だけに公開され、その他の会員の検索結果やコミュニティのメンバー一覧には一切表示されなくなります。

 

要は自分が意図した人を除く不特定多数の会員にはプロフが表示されないため、知人に見つかる可能性がゼロになるんですね。

吹き出し1

ただし、誰にも見つからなくなる一方で、誰からも足跡やいいね!が来なくなるのがデメリットです。

足あとを残してくれる人は、こちらに興味を持ってくれたマッチング率の高い相手。そのリストが手に入らなくなります。更にマッチングの手段もこちらからアプローチするしかなくなります。

 

出会いのチャンスを逃すことになりますね。特に、本来なら検索やコミュニティ参加メンバー一覧から沢山の足跡やいいね!をもらえるはずの「高い戦闘力の持ち主」にとっては機会損失が大きいと思います。

 

また、特定の相手(業者などの不正ユーザー・知り合いなど)にプロフィールを見せたくない場合は、プライベートモードではなく無料のブロック(お互い永遠にコンタクトが取れなくなる)を使えばOKです。

2.こちらの足あとがつかなくなる

誰かのプロフィール詳細を訪問しても、こちらの足跡は残らなくなります。

 

足跡を何回もつけてしまうとストーカーまがいに思われるんじゃ…なんてことを気にせず、何百回でも同じ相手のプロフを見まくることができますね。

 

ただーし!足あとを残さない設定にするだけなら、実はプライベートモードを利用しなくても、誰でも無料でできます

 

やり方も簡単で、各種設定から「足あと設定」画面を開いて、足あとを残す設定をOFFにするだけです。

 

ペアーズの足あと設定画面

 

ですから、プライベートモードでプラスになるのは実質「プロフが全体に向けて非表示になる」機能だけってこと。

 

プライベートモードを使うと、いちいち各種設定にアクセスして足あと設定をいじらなくても簡単にオン/オフを切り替えられる利便性はありますけどね。

吹き出し8

というわけで、足あとを残したくないだけなら、プライベートモードを購入する必要はないんです。ココ注意ですよ。

ちなみに相手だって恋活アプリの仕組みを知ってるので、足跡を残しても普通に使っている分には不快に思われることはありません。

 

1日の中で何度も残したり、毎日残したりすればキモいと思われても仕方ないですが、好みの相手のプロフィールを何度か見直すぐらいなら普通です。

 

逆に足あとには無料で相手の注意を引くアピール効果があるわけで、残さないデメリットの方が大きいというのが僕の考えです。

プライベートモードは相手からどう見える?

ここまで見てきたように、プライベートモードをオンにすれば、自分がいいね!した相手とマッチングした相手にしかプロフィールが公開されないので知人や友達にはバレません。

吹き出し7

ただ、次のようなケースでは、相手からどう見えるのか気になる方もいるんじゃないでしょうか?

こちらをお気に入りしていた相手

誰かがこちらをお気に入りリストに入れていた場合、プライベートモードをオンにすると、相手のお気に入りリストの中で、こちらのプロフィールが「プライベートモード中」表示に変わります。

 

下の画像のように写真・ニックネーム・年齢など全てのプロフィール情報が見えなくなり、この画面をタップしても何も反応しない状態ですね(※男性の場合は男のシルエットになりやす、念のため)。

 

ペアーズのプライベートモード中表示

こちらにいいね!していた相手

プライベートモードをオンにすると、相手の「あなたからいいね!」リストの中で「プライベートモード中」表示になります。見え方は、お気に入りの時と同じ。

 

ただし、こちらがいいね!ありがとうを返せばマッチングが成立するので、再び相手にプロフィールが表示されます。

モードオフの時に足あとを付けた相手

プライベートモードをオフの時にこちらから足あとを付けた場合、その後オンにすると、相手の足あとリストの中でやはり「プライベートモード中」表示になります。見え方はお気に入りの時と同じです。

吹き出し4

これら3つのケースでは相手側のリストから、こちらのプロフ自体が削除されるわけじゃなく「プライベートモード中」状態で残っているわけ。

モードをオンにしている間は当然プロフ閲覧できない状態ですが、オフに切り替えると、相手側のお気に入り・いいね・足あとリストの中で再び公開されます。

 

この点まで気にしていたらキリがないですが、相手のリストに入っていた場合は、モードをオンにしたタイミング、オフにしたタイミングで、プライベートモードを使っていると気付かれる可能性はあるわけですね。

プライベートモードの料金と支払いの注意点

プライベートモードを利用するには有料会員の料金とは別に料金がかかります(※女性も有料)。これもデメリットの1つです。

 

クレジットカード決済とアプリ版の決済の料金はそれぞれ次の通り。なお、支払いは月当たり料金×プラン月数の一括払いです。

  • クレジットカード決済…ブラウザ版(WEB版)またはAndroidアプリ版で利用可能
  • アプリ内課金…iPhone(iOS)アプリ版のApple ID決済、Androidアプリ版のGoogle Play決済
プラン クレカ決済 アプリ内課金

12ヶ月

1,616円/月

1,616円/月

6ヶ月

1,833円/月

1,833円/月

3ヶ月

2,300円/月

2,300円/月

1ヶ月

2,560円

2,600円

全ての恋活婚活アプリに言えることで、支払いはクレジットカード決済が最も安くてお得。クレカを持っているのに、Apple ID決済やGoogle Play決済を使うと割高になってモッタイナイですよ。

 

と言っても、ペアーズのプライベートモードの場合は1ヶ月プランがわずか40円違うだけなので気にする必要ないかもですが。

解約しないと自動更新になるので注意

プライベートモードは契約有効期限前に自分で解約しない限り、同じプランで自動更新になります。万が一契約日を1日でも過ぎてしまうと自動で決済され、後から気付いてサポートに訴えても返金はありません。

 

これはペアーズだけがズルい商売をしているわけじゃなく、今、人気マッチングアプリの決済のほとんどはこの自動更新方式です。

吹き出し3

解約忘れは時々見かけるトラブルなので、延長しない場合は必ず有効期限日前までに解約手続きをして下さいね。

プライベートモードの利用価値は?僕の考え

個人的には、ここまで見てきたメリットとデメリットを天秤にかけると、プライベートモードを使う必要性を感じません。その主な理由は次の3つです。

1.出会いのチャンスを失う

結局、マッチングアプリでは誰にも見つからない対策を極めれば極めるほど、逆に出会いのチャンスを失うデメリットが大きくなります。これは相反するものなので仕方ないところです。

2.僕自身は今のとこ知人に遭遇してない

僕自身は今のところ、ペアーズで友達・知人を見つけたことがないのと、逆に見つかったことも、たぶんないんですよね(←僕に黙っているだけの可能性はあります)。

 

僕の場合、異性の友人が少ないことと、会員数が膨大なエリアで活動していることが理由かもしれませんけど。

 

なんせ関東は、2020年6月時点で東京だけでも男性約88万人、女性約42万人が活動している巨大市場ですからね。

 

それに、こちらを発見したってことは、その人もペアーズを使ってるって意味なので言いふらすことも考えにくいかなと。

3.別途料金がかかる

プライベートモードを「神機能!ペアーズやっぱ素晴らし!」と大絶賛している情報も見かけます。でも…

 

確かにペアーズ内では必ず需要があるし、無くてはならない機能だと思うんですが、実はほぼ同じ機能を無料で使えるマッチングアプリもあるんですよ。

 

Omiaiのプロフィール非公開ですね。それを考えると、ペアーズで月額2,560円も課金するのがもったいなく感じるという…(^_^;)

 

ペアーズの料金はその分、有料会員プランやVIPプラン(プレミアムオプション)が安いわけですが、プライベートモードも無料化すればそれこそ神なんですけどね。

吹き出し8

通常の身バレ対策をしっかりやれば発見される確率は低いし、友達を見つけたらブロックすれば万事解決だし、足あとも無料で残さない設定にできるし、ほとんどの方はそれで充分かと。

あとは、こうしたメリットとデメリットを踏まえて導入の価値を感じるかどうかは個人の事情次第。職業や人間関係によっても違ってくるのではないでしょうか。

 

とにかく絶対に身バレしたらマズいという方にとっては、その不安を一掃する安心機能であり、利用する価値アリですよね。

このページの先頭へ