ペアーズの退会方法・解約方法とその後の再登録について

ペアーズ(Pairs)の正しい退会方法・解約方法と注意点を徹底解説。事前に有料会員の解約が必要な理由は?再登録はいつからできる?など、ペアーズの退会にまつわる疑問にまるっとお答えします!
MENU

ペアーズの退会・解約と再登録の必須知識まとめ!

更新日:2021/06/17

ペアーズさん、お世話になりました!

ペアーズ(Pairs)で知り合った人とお付き合いすることになった!もう恋活婚活マッチングアプリは必要なーし♪

 

いやー、おめでとうございます!ついにペアーズを退会する時がやって来ましたね。

 

悪質出会い系サイトの場合、登録は超簡単なのに退会は超面倒、もっとエグいと最初から退会自体できないなんてことがありますが、もちろんペアーズには、そんなしょーもない落とし穴はありません。

吹き出し0

ただ、自分では退会したつもりだったのに、正式に手続きが済んでいなくて料金の引き落としが続いていたというトラブルは実際あるようです。

また、有料会員の場合、タイミングによってはすぐに退会手続きできないケースがあります。

 

更に、恋人ができたなら迷わず退会ですが、理由によっては有料会員を解約し無料会員に戻り、放置・休止の方がベターなケースもあります。

吹き出し9

というわけで、この記事ではペアーズの正しい退会方法・解約方法と注意点、更に再登録のタイミング・メリットについて徹底解説します。

ペアーズの退会方法・解約方法徹底解説

吹き出し4

まず、ペアーズの退会手続きができるのは会員ステータスが「無料会員」なおかつ「有料サービスの利用なし」になっているユーザーだけです。

■有料サービスとは?

たまに「ペアーズを退会できない」という口コミを見かけるのは、ほとんどの場合、有料会員や有料サービスの有効期間中であることが原因かと。

 

昔は有料会員もすぐ退会できたんですが、アプリ内課金(AppleID決済かGooglePlay決済)利用の人が解約を忘れると、退会後も月額料金の引き落としが続いてしまうトラブルがあったため、今はこのシステムに変更されたんでしょうね。

吹き出し8

というわけで、有料会員の人が退会するには、まず「解約」手続きをして無料会員に戻る必要があります。

■ペアーズの退会フロー

  1. 有料会員を「解約」して無料会員に戻る→アカウントは維持、メッセージの送受信などはできなくなる
  2. 有料サービスを利用している人は有料サービスも解約する
  3. 「退会」する→アカウント削除(プロフィール設定・メッセージの履歴・所持しているPairsポイントなど全てのデータが削除される)

有料会員を解約する手順

吹き出し4

解約のやり方はどの決済方法で料金を支払っているかによって違います。更に決済方法によって無料会員に戻るタイミングも違うので注意。

決済方法の確認方法

万が一、自分がどの決済方法で課金したか忘れてしまった場合は、それぞれ以下の方法で確認して下さい。

■クレジットカード決済

  • 決済時の通知メールで確認→ペアーズに紐付いたメール宛てに決済代行会社のAxes Paymentから通知メールが届いている
  • クレジットカードの明細で確認→クレカの利用明細に「Pairs」と記載されている

■Apple ID決済

  • 決済時の通知メールで確認→Apple IDに紐付いたメール宛てにAppleの決済完了通知メール(レシートメール)が届いている
  • App Store、iTunes Storeの購入履歴で確認

■Google Play決済

  • 決済時の通知メールで確認→Goolgeアカウントに紐付いたメール宛てにGoolgeの決済完了通知メール(レシートメール)が届いている
  • Googleアカウントの定期購入履歴で確認

決済方法ごとの解約方法

それでは各決済方法ごとの解約のやり方と無料会員に戻るタイミング、言いかえると退会手続きができるタイミングを解説しますね。

■クレジットカード決済
手続き完了後すぐに無料会員に移行

  1. 画面最下部メニューの「その他」をタップ
  2. 「会員ステータス」をタップ
  3. 画面下部「有料会員の解約」をタップ

■Apple ID決済

※手続き完了後も契約有効期限日までは有料会員、期限日(更新日)を過ぎると無料会員に移行

  1. iPhone端末で「設定」を開く
  2. 自分の名前をタップ
  3. 「サブスクリプション」をタップ
  4. 一覧の中のペアーズをタップ
  5. 「登録をキャンセルする」をタップ

■Google Play決済

※手続き完了後も契約有効期限日までは有料会員、期限日(更新日)を過ぎると無料会員に移行

  1. Android端末で「GooglePlayストア」を開く
  2. 画面左上のメニューアイコンをタップ
  3. メニュー内の「定期購入」をタップ
  4. 一覧の中のペアーズをタップ
  5. 「定期購入を解約」をタップ

クレジットカード決済の場合は、解約手続きを完了した瞬間に無料会員に戻るので、退会手続きもすぐにできます。

 

ただ、契約有効期間が長く残っていても返金対応はできないので注意。特別な理由がない限り、期限日ギリギリまで使ってから解約するのがオススメですね。

 

一方、アプリ内課金(Apple ID決済かGoogle Play決済)の場合は、解約手続きを完了しても契約有効期間が残っている間は、無料会員に戻らない=退会できない仕組み。

 

ひとまず解約を済ませておき、契約が切れて(=更新日が過ぎて)会員ステータスが「無料会員」に移行するのを待ってから退会手続きする必要があります。

 

これはAppleまたはGoogleの決済システムがペアーズのシステムと連動していないため。

吹き出し3

そんなん連動させろよと思うかもしれませんが、ペアーズに限らず、他のマッチングアプリも基本的に同じ仕組みなので仕方ないところ…

考え方によっては、クレジットカードと違い、余裕を持って早く解約手続きしても、その後更新日が来るまで有料会員のまま活動できるのはメリットとも言えます。

 

でも諸事情あって、どうしても更新日前に退会したい時はPairsカスタマーサポートセンターに依頼すれば手続きしてもらえるので大丈夫ですよ(←手順も後に解説します)。

ペアーズを退会する手順(通常)

  1. 「お問い合わせフォーム」にアクセス
    • ブラウザ版…最下部メニュー「その他」をタップ→「お問い合わせ」をタップ
    • アプリ版…最下部メニュー「その他」をタップ→「設定」をタップ→「お問い合わせ」をタップ

     

    ペアーズ最下部のその他

     

  2. お問い合わせフォーム内の「お問い合わせカテゴリ」で退会を選択
  3.  

    ペアーズのお問い合わせカテゴリ

     

  4. 「退会手続きの画面へ移動します。よろしいですか?」と表示されたら「はい」を選択
  5. 注意事項を確認し「退会理由」を選択
  6. 「退会手続きに進む」ボタンをタップ

吹き出し3

退会手続きの場所が少し分かりにくい場所にありますね。

でも入口が「お問い合わせ」ページの中にあり「お問合せカテゴリ」で退会を選択する点だけ押さえておけば、スムーズに辿り着けます。

 

あとは画面の指示通りにサクサク進めるだけ。難しいことは一切ありません。退会理由の選択によっては簡単なアンケートもありますが、1分あれば終わります。

ペアーズを退会する手順(カスタマーサポートに依頼)

アプリ内課金(Apple ID決済かGoogle Play決済)の場合、解約手続きを完了しても、有効期間が切れるまで無料会員に戻らない=退会手続きできないことは既に解説しました。

 

この時、どうしても有効期間中に退会したい場合はPairsカスタマーサポートに依頼すれば対応してもらえます。手順は次の通り。

  1. AppleまたはGoogleで解約(自動更新の解除)を済ませる
  2. ペアーズのお問い合わせフォームにアクセスし、退会を希望する旨を連絡
  3. サポートから、退会に必要な同意事項が記載された連絡メールが届く
  4. 「同意して退会手続きを進めてほしい」旨の返信をする
  5. カスタマーサポートで退会手続きが行われる
  6. 退会完了のメールが届く

ペアーズの退会にともなう7つの注意点

吹き出し4

ペアーズを退会する上で知っておくべき注意点をまとめると次の7つ。

  1. 会員ステータスが無料会員・有料サービス利用なしにならないと退会できない
  2. 退会すると全アカウントデータが削除される→特に残ポイント・残いいねに注意
  3. 退会後30日間は再登録できない。再登録後はゼロからのスタートになる
  4. 契約有効期間が残っていても返金対応はない
  5. アプリ内課金の場合はアップルまたはグーグルで解約(自動更新の解除)手続きが必須
  6. アプリを削除しただけでは退会にも解約にもならない
  7. ペアーズ退会・解約前にFacebookを退会してはいけない

既に解説済みの内容と分かりやすい内容は省略して、5〜7の項目について補足しておきます。

アプリ内課金の場合はアップルまたはグーグルで解約手続きが必須

ペアーズに限らず、今どきの定額制マッチングアプリの有料プランの契約は、ほとんどが自動更新。

 

自分で解約手続きをしない限り、契約有効期限日が来ると自動的に同じプランで契約更新→決済が行われ、引き落としが続く仕組みですね。

 

特に複数月プランの解約を忘れて放置してしまうと、自動更新で同じプランが適用されるので大打撃。例えば6ヶ月プランなら、期限を過ぎると自動的に6ヶ月プランで契約更新されます。決済後は返金できないので注意!

 

で、僕がおすすめしている支払い方法クレジットカード決済を選んでいた場合は、ペアーズ内の手続きだけで済みます。

 

でもアプリ内課金(Apple ID決済もしくはGoogle Play決済)を利用していた場合は、別途アップルやグーグルでの解約(自動更新の解除)手続きが必須(※やり方は有料会員を解約する手順」を参照)。

 

昔はこの手続きをやらなくてもペアーズを退会できる仕組みだったため、退会後にAppleやGoogleで引き落としが続いてしまうトラブルがありました。

 

が、現在はAppleやGoogleの契約有効期限が切れて、ペアーズ側の会員ステータスが「無料会員」に戻らないと自分では退会手続きできない仕組みになったため、基本的にはこの問題は解消されています。

 

ただし、今でも有効期間中にPairsカスタマーサポートセンターに依頼して退会するケースだけは、例外的に注意が必要。必ず解約(自動更新解除)手続きを済ませてから依頼するようにして下さい。

アプリを削除しただけでは退会にも解約にもならない

スマホのホーム画面からPairsアプリのアイコンを削除(アンインストール)しただけじゃ、退会にも解約にもなりません。有料会員は、課金の自動更新が継続してしまいます。

 

単に画面からアイコンの表示が消えただけで、何も変わらないわけです。必ずこの記事で解説している手順通りに退会・解約手続きを済ませて下さいね。

ペアーズ退会・解約前にFBを退会してはいけない

これはペアーズにFacebookアカウントで登録した人限定の話。退会や解約の手続き前にFBを退会してしまうと、その時点でペアーズにログインできなくなります。

 

すると退会・解約手続き自体ができなくなってしまうんですね。有料会員・有料サービスに課金している人は自動更新も継続したままになります。アカウントもペアーズ内に残ったままです。

 

万が一、先にFacebookを退会してしまった場合は「Pairsカスタマーサポートセンターにご相談下さい」とのこと。できれば面倒臭いことは、やりたくないと思うので先にFBをやめないよう気をつけるべし!

退会するか?解約にするか?その基準

退会?解約?どっちにするべか?

退会か解約放置のどちらを選択するかは、彼女彼氏として正式に交際することになったのなら、絶対2人で同時に退会することをオススメします。

 

相手の女性は間違いなく、こちらがペアーズをやめたかチェックします。僕ら男だって、付き合い始めた彼女がまだマッチングアプリに登録してたらオイオイッて思いますよね。

 

契約期間やポイント・いいねが残っているとモッタイナイ気もしますが、そんなことで不信感が生まれ、もっと大切なパートナーを失ったら意味ありません。

 

ただし、既にこってり解説したように、アプリ内課金利用者は、すぐに退会手続きできないケースがあります。

 

こればかりはシステムの問題なので、相方に説明すれば分かってもらえるはず。どうしてもの時はカスタマーサポートに依頼ですね。

 

では、恋人ができたわけじゃなく、以下のような理由ならどうでしょうか?

  1. 関わりたくない相手(嫌がらせされた・しつこい・業者だったなど)がいる
  2. ペアーズを少し休んで別の恋活アプリ・婚活アプリを試したい
  3. 今後再開もありうるけど、とりあえず課金を止めて様子を見たい

吹き出し8

まず、1の関わりたくない相手と遭遇した場合は、自分が退会する必要も解約する必要もありません。相手をブロックすれば済むことです。

ブロック後は検索にお互いのプロフィールが表示されなくなり、リスト内のプロフにもアクセスできなくなります。どちらからも一切連絡が取れない状態になるわけですね。

 

また、ブロックすると、相手から見た時の表示は退会と全く同じになるため、相手はこちらにブロックされたのか、こちらが退会したのか判別できない仕組みになっています。

 

更に、違反報告(通報)すれば、運営で利用規約違反が確認できた場合、相手を強制退会にしてくれますよ。

 

ブロック機能については次の記事に詳しく書いたので参照下さい。

吹き出し7

次に、2と3のように近い将来カムバックの可能性があるなら「基本的には」有料会員を解約して無料会員に戻り放置するのが、再開時に面倒臭くなくてオススメ。

解約だけしてアカウントを維持しておけば、頑張って作り込んだプロフィールなどの設定も残るし、持っているPairsポイント・いいね・ブーストなどもまんま保持できるので、気が向いた時に即効で復活できます。

 

今までのメッセージのやり取りの履歴は見えなくなるものの(←基本困らないと思いますが)、データはちゃんと残っていて、今後有料会員に戻れば、また見ることができます。

 

ただ「基本的には」解約→放置がオススメと言った理由は、人によっては一度退会して再登録した方がメリットが大きいケースもあるため。

再登録できるタイミングとメリット

いつから再登録できるんじゃろ?

退会→再登録のメリットを語る前に、まずは退会すると、その後どれぐらいのタイミングから再登録できるのかについて確認しておきます。

 

ペアーズ公式のヘルプページには「一定期間再登録できなくなります」と書いてありますが、具体的には30日間再登録ができなくなります。

 

ネット上には3ヶ月間などの誤った情報を掲載しているサイトもありますが、正解は1ヶ月間の方ですね。

 

ただし、自主退会ではなく、利用規約違反や迷惑行為によってPairs運営から強制退会のペナルティを食らった場合は再登録できません。

 

いや、以前と別の登録方法(例えばFacebook登録だったら、今度は電話番号かメールアドレスで登録)で再登録は可能ですが、どのみち本人確認の段階で運営にバレる可能性が高く、課金しても再び強制退会になる危険が…。

 

万が一、強制退会になってしまった場合は、この後紹介する別のマッチングアプリを使用する方が安全策と言えます。

退会→再登録のメリットって何だ?

じ、じぶん新入りっす!

退会→再登録の場合は、過去のアカウントデータが全て消えているので、またゼロからのスタートになります。

 

当然、本人確認(年齢確認)をしなきゃいけないし、プロフや写真も設定しないといけません。この手間と30日間使えないことがデメリット。

 

ただ、これらのデメリットが別に問題ない人なら、再登録すると新人扱いになり、プロフィールに「NEW」マークが表示され目立つ、フレッシュ感が出るのが大きなメリット。

 

男性が検索で「登録日が3日以内」の条件を指定して新人女性を狙うのは定番ですが、同じように、フレッシュな新人男性を探す女性も実は多いのです。

吹き出し9

というわけで、特に再登録から3日以内は検索される機会が多いビッグチャーンス!

でも、このチャンスを生かすにはとにかくスピードが大事。一度活動しているだけに、やるべきことは分かっているはずですが、年齢確認、プロフの設定など、即効で万全の体制を整える必要があります。

 

こうしてスタートダッシュを狙うなら、退会→再登録にもメリットがあるわけです。ただし、Pairsポイントもいいねも残すとモッタイナイので、全部使い切ってから退会ですね。

退会・解約後のおすすめマッチングアプリ

そもそも恋人ができた以外の理由でペアーズの退会や解約を考えた理由の多くは、ペアーズで思ったようにマッチングしていない、デートできていないことだと思います。

吹き出し1

出会えない原因はいろいろ考えられますが、1つに「ペアーズ利用者の属性と相性が悪い」可能性もあります。

実際、使うマッチングアプリを変えてみたら、サクッと出会えたという話はネット恋活婚活あるあるです。また違った属性の異性が大勢活動してますから。

 

というわけでペアーズと同じく安心安全に出会える、でもユーザー属性や特徴の違う人気マッチングアプリを紹介しておきます。

 

ペアーズより少し高めの年齢層で少し真剣度高め(婚活色強め)ならOmiai、もっと若い層の彼氏彼女探しならwith、もっともっと若い層向けのカジュアルな出会いならタップル、ガチな結婚相手探しならゼクシィ縁結びがおすすめですね。

アプリ 目的 最適年齢 評価 公式
Pairs Pairs 恋活〜ライト婚活 20代後半〜30代 評価 公式
Omiai Omiai 恋活〜ライト婚活 20代後半〜30代 評価 公式
with with 恋活 20代〜30代前半 評価 公式
タップル誕生 タップル 友活〜恋活 20代 評価 公式
ゼクシィ縁結び ゼクシィ 婚活 30代〜40代 評価 公式

自分と本当に相性の良い恋活婚活アプリを見つけるための参考記事も紹介しておくので、よかったら参照下さいませ。

 

総括

ペアーズでは退会も、無料会員に戻る解約も手続き自体は難しくありません。どちらを選ぶかは個々の事情次第。メリットとデメリットを天秤にかけて選ぶべし。面倒じゃなければ退会→再登録を選択して、気持ちも新たにスタートダッシュを狙うのも有効な作戦ですよ。

 
このページの先頭へ