Omiaiにブロック機能が登場!相手にはどう見える?非表示との違い

ついにOmiai(オミアイ)にもブロック機能がリリース!従来の非表示との違いと相手側にはどう見えるのかを徹底解説します。
MENU

Omiaiのブロック機能の使い方まとめ

Omiaiのブロック機能

マッチングアプリOmiai(オミアイ)にもついにブロック機能がリリースされました!(2017年12月〜)。

 

それにともなって、これまで自分の画面に表示させたくない相手に対して使っていた非表示機能は廃止になりました。

 

もうブロック使ってるよという方も多いと思いますが、ここでは今までの非表示機能とは何が違うのか、どんな場面で使うのか、改めてまとめておきます。

ブロックと非表示の注意すべき2つの違い

Omiaiの従来の非表示機能って、ちょっと不完全なところがあったんですよね。

 

そんなわけで僕も「Omiaiの非表示機能の使い方と注意すべきこと」に気になるポイントを書いていましたが、今回ブロックに変わることでしっかり改善されたようです。

 

1.ブロックなら完全シャットアウト

従来の非表示では検索と足あとリストからお互いのプロフィールが消えても…

 

  1. 相手がこちらをお気に入りしていた
  2. 相手がこちらにいいね!していた
  3. メッセージをやり取りしていた

 

このいずれかの場合、相手側のリストにこちらのプロフ表示が残ってしまう欠点がありました。

 

自分の画面に相手が表示されないだけで、相手側は引き続きこちらを見ることができ、メッセージを送ってくることも可能だったんです(※相手から見れば、こちらがメッセを無視している形になっていた)。

 

これが僕が「不完全」と指摘していたところです。でも今回のアップデートで問題は解消しました。

 

ブロックすると、お互い検索に表示されなくなり、足あとリストから消えるのは非表示と一緒ですが、相手のお気に入りリストやメッセージリストにこちらが入っている場合は「退会済み」と表示されるようになったんです。

 

要は自分側から見るとブロックも非表示も変わりませんが、相手側から見ると、こちらのプロフが見えない、メッセージも送れない状態になった、なおかつこちらがブロックしたのか、退会したのか区別がつかなくなったってこと。

 

これでお互いに一切連絡が取れなくなるわけです。ま、逆に自分がブロックされた時も、同じ現象が起きるってことですけどね(^_^;)

2.ブロックは解除できない

もう1つ、大きな違いは従来の非表示は解除できましたが、ブロックは解除できないこと。永遠にサヨウナラする機能になったわけ。ペアーズのブロック機能と全く同じ機能になったんです。

Omaiブロック機能の使いドコロは?

ここは簡単な解説で済ませておきます。もう永遠に連絡を取りたくない相手をブロックするので…

 

  1. 業者を見つけた場合
  2. マナーの悪い相手と遭遇した場合
  3. 知り合いを見つけた場合

 

使いドコロは主にこの3つになると思います。特に1の業者と2のマナーの悪い相手は、他のユーザーにも迷惑をかける可能性もあります。ですからブロックする前にサポートに通報(違反報告)するのも1つですよね。

 

総括

従来の非表示の強化版としてリリースされたOmiaiのブロック機能。これで完璧に関係を絶つことができるようになりました。ただ、解除もできなくなったので、単純にメッセージリストの整理に使うことはできない点は注意でしょうか。快適な恋活にお役立てを!

 
このページの先頭へ